【ギャラリー】Birdパパのコンサート。

がんばるBirdおじさん
土曜日はBirdのコンサートに行ってきました。
今年で49歳を迎えるBirdは、いわずと知れたタイを代表する国民的スター。「Birdパパ(パー・バード)」「Birdとうさん(ポー・バード)」なんて呼び方でタイの老若男女に親しまれています。
今回のコンサートのテーマは「ダンス」。昨年末に3枚組のダンス・カヴァーアルバムを出しているのですが、その収録曲を歌いつつ踊りまくるよ、というのがコンセプトです。なので、会場中央にはでっかいミラーボール(を模したライト)が吊り下げられてたり、渡り廊下がぐるっと特等席を取り囲むように敷かれていました。
客層は本当にさまざまで、20代後半の社会人グループがいると思えば孫の手を引いた70代くらいのおばあちゃんやら一家総出で見に来ているファミリーもいて、「国民的スター」ぶりが実感できます。
ここまで広い客層が集まるコンサートって、タイでは彼くらいのものです(日本でもほとんどないんじゃないでしょうか。サザンくらい? 知らんけど)。当然会場は満席です。
百聞は一見にしかず。僕ごときがあれこれ解説するよりも写真を見たほうが早いと思うので、PRの方からもらった写真をスライドショーにしてみました。ここからご覧ください。ちなみに写真は9日の回のものです。
個人的な感想はこんな感じです。
・THAT’S THE WAY ( I LIKE IT )、I WILL SURVIVE、SIMON SAYなど英語曲を含めてカヴァー曲をやりすぎ。たしかにみんな知ってる曲だし踊りやすいかもしれないけど、やっぱり自分の曲オンリーで勝負して欲しかった。歌手生活20年なんだし。
・でもY.M.C.A.の振り付けを会場の全員でやってるのには素直に感動しました。
・Birdのスターっぷりも感動的。水を飲んだり挨拶するだけで、会場全体からものすごい歓声が上がってました。
・演出も、子供からお年寄りまで全世代のタイ人が楽しめるように工夫されててグッド。お父さんが2歳くらいの娘を抱っこして見せてたり、隣に座ってた45歳くらいのおばちゃんがノリノリで踊ってたりして、微笑ましかった。とにかく、たくさんの笑顔に出会えるステージでした。
・サプライズ・ゲストのOP?ちゃんが、顔つきからスタイルからDちゃんに似ていてちょっと切なくなった。Dちゃんはこの超近所に住んでるし。
・なによりも面白かったのが、ステージが進むにつれてBirdがどんどんおばさん化していくこと。最後の方は笑い方とかしゃべり方とか、日本人で言えばみのもんたの大ファンな感じになってた。
・30人のダンサーがミラーボールのコスプレをしていて、とってもファニーだった。
全体的に言うと、コンサート自体には満足できたけど、昨年、一昨年と比べると、チケット代が上がってるのになんだかスケールダウンした印象でした。
2時間たらずでサックリと終わっちゃったし。去年のステージは全員で振り付けを練習してやるコーナーがあったり、ゲストにも一工夫あって会場にめちゃくちゃ一体感があったんだけど、そこまでの感覚は味わえなかったかな……とかいいながらしっかり踊って、2000B分の元は取れた気がするコンサートでした。
次回のコンサートでは、自分の持ち歌、それも過去の名曲オンリーでやってほしいところ。名曲いっぱい持ってるんだしね。
■3月14日追記
とおりすがらーさんの指摘を受けて、タイ人に聞いたところ「パー」は「パパ」と訳す方が正しいそうなので、修正しました。
ただ、そのタイ人に用例を聞いたところ「遊び人の若い女性が、お金持ちのおじさまを呼ぶときなどによく使う」「年の離れたおじさんに、親しみを込めて使う」と言ってました。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへブログランキング・にほんブログ村へ