来世で会いましょう 『ゴ・クーイ・サンヤー』

sannya01今日は蒸し暑かったですねぇ。
午前中いきなり雨降るし。ずっと曇ってるし。
そんな中、ウィークエンド・マーケットを仕事でウロウロしてたんですけど、
もう、ドロドロですよ、汗で。
その感触があまりにも不快だったせいか、
ウィークエンド・マーケットでの仕事が終わった後、
本当はオフィス行くはずだったのに、なぜか足はチケット・オフィスに向かってました。
SFXシネマ・ラップラオのです。
そうして見たのがタイ映画『ゴ・クーイ・サンヤー』(英題不明)です。
予告編とかいっぱい流れてるし、周りの評判も悪くないんですけど、
そろそろ上映が終わりそうな気配がしたので、慌てて行ったわけです。
慌てたせいで、さらに汗がでちゃって不快感は倍増ですが、
映画そのものはなかなか面白かったです。
「ゴ・クーイ・サンヤー」ってのは
「だって前に約束したじゃん」というニュアンスのタイ語なんですけど、
この「約束」が、壮大かつバカバカしいラブストーリーを生んでいきます。
場面は、主人公らしき男性がセラピーを受ける場面から始まります。
男性はなにやら深刻な悩みを抱えています。
で、その悩みを解くヒントがいつも見る「夢」の中にあるようなのですが、
実は、その夢の内容というのが「自分の前世の記憶」。
ストーリーは、主人公の男性の前世を追っていく形で進みます。
そもそもの発端は、お金持ちの美男子がタイ舞踊の踊り子と恋に落ちたこと。
美男子は、親の決めたお金持ちの娘と結婚させられることになり、
愛し合う二人は心中を決意します。
「生まれ変わったら一緒になりましょう」と約束したあと、
大木に縄を結わえて仲良く並んで首を吊ろうとするのですが、
男の方の枝が細かったせいで、ポキッと折れて失敗。
美男子は転げ落ちて助かるのですが、その際に頭を打って記憶喪失に。
女の方は自殺して幽霊になって出てくるのですが、
美男子は記憶喪失で約束をすっかり忘れ、
そのままお金持ちの娘と結婚してしまった上に、
元恋人との愛の記憶をすっかり無くしてしまっているので、
彼をしたって幽霊が出てきても、怖がって逃げちゃいます。
「約束守ってよ!」と幽霊大激怒。暴れまくります。
そのあと色々起きて、美男子の記憶は復活。踊り子との愛の日々と約束を思い出し、
自殺してしまいます。「来世で一緒になろう」と。
ここまではありきたりラブストーリーなんですが、これはコメディーです。
生まれ変わった先は、なんと二人とも男。
しかも、片方は目が見えない宝くじ売り、もう片方は耳が遠いスリ。
普通だったら一緒になるなんてありえないのですが、
ここは「前世の、命をかけた約束」という強力な運命の力が作用して……。
といったお話。運命の二人は時代を超えて
70年代→近未来(パラレルワールド?)→さらに未来と生まれ変わっていくわけですが、
生まれ変わった先が毎回何か問題があります。男同士とか、身分違いとか。
これには、「自殺した人が生まれ変わると、どこかしか不幸な境遇に生まれる」
という倫理観も入っていて、なかなか興味あるストーリーでした。
最後は好き好き度No.1女優のメイ・ピッチャナートちゃんが出たので、僕は満足です。
人気blogランキングに参加中。輪廻の1クリックをお願いします!
sannya02