「ソイ・サバーイ」 注目の参加アーティスト情報。

2月11日から開催される、バンコクならではのユニーク現代アート展
「Temporary Art Museum Soi Sabai 束の間美術館ソイサバーイ」。
今日、詳しいニュース・リリースが送られてきたのですが、
その中にちょっと面白い記事があったので、抜粋&転載します。
注目の参加アーティスト紹介。長いので別ページにしてあります。
「続きを読む」をクリックしてください。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ


奈良美智+graf(今回は両者のユニット参加)
奈良さんが津波メモリアルのために寄贈したYour Dog in Phuketという犬の作品も、展覧会中はプーケットからシラパコーン大学のギャラリー前にやってきます。( http://roomair.org/tamss/news )。この犬は現地の方々のつよい希望により展示後はまた現地へもどされ展示されます。今日までbaan rajataでは、ワークショップとして、近所の小学生たちが奈良さんから送られて来た犬の絵を観ながら、ペーパーマルシェの犬を制作しています。子供たちは、自分たちの作った犬を10日のオープニングパーティー〈シルパコン大学)に連れて来てくれることになっています。会場では犬小屋を用意します。
都築響一
朝日新聞の書評でおなじみ。
Paul Davis
スナップ写真のようなカジュアルなスタイルでイギリス人らしいちょっとひねりをきかしたユーモアで社会と人間をテーマに絵を描き続けるPaul Davisは、坂本龍一のウェッブサイト(www.sitesakamoto.com )を飾る心理学者のフロイドが女装しているカバーでも有名。
Jonathan Barnbrook
デミアン・ハーストの本や、デイビット・ボウイのCDカバー、六本木ヒルズや森美術館のロゴでも人気のタイポグラファー/デザイナー。コマーシャル以外の作品も日本やイギリスを中心に展覧会を開催し、世界各国の美術大学での講演に呼ばれる人気作家。
イーリーキシモト
日本でも人気のファッションデザイナーですが、作家としても多くの展覧会に参加。
米田知子
昨年の横浜トリエンナーレにも阪神淡路大震災の10年後をテーマにした作品で参加した米田知子は、主に歴史的または個人的な意味をもつ土地などのランドスケープを作品にする、いまや日本を代表する写真を使った現代美術作家。谷崎潤一郎、フロイド、ガンジー、ヘッセ、マーラー、ル・コルビジェ、ジョイス、などの眼鏡から観た作品も有名で、昨年、ダライ・ラマ法王にインタビューさせていただいた際には、ポートレートを撮ってもらい、その縁で、法王の眼鏡のプロジェクトも進行中です。Jonathan Barnbrookは夫。
Apichatpong
2004年にカンヌ映画祭でタイ人としては初めての受賞した映画作家。金沢21世紀美術館でのプレイベントなどで日本でもおなじみの作家。
Sutee
タイを代表する現代アーティストのひとりでもあり、去年のヴェニス・ビエンナーレのタイ館のキュレーターのひとり。
Wisut
タイで若者世代に圧倒的な人気をほこる雑誌 a dayに作品を連載している人気漫画家・作家。現在日本に留学中で、日本でも個展を行い知名度上昇中。よしもとばなな の「なんくるない」の表紙などで日本でも人気の作家で、今年の夏に日本を去る前に、新潮社から本がでます。ミュージシャンでもあり、13日のイベントではアニメーションに本人がキーボードで音楽を添えます。
Pod
タイでは誰もが知る moderndogというバンドのボーカルでもあります。