誕生日会 in Booze

昨日はDaiくんの誕生日ってことで、
最近僕らのホームグラウンドになりつつある「Booze」に行ってきました。
先週の土曜日の時点でなじみの店員を捕まえて、一番いい席をガッツリと予約。
ここはバンドとの距離、店員の通る頻度、トイレの近さ、音響などがどれもちょうどよく、
店が混み込みになった時でも、楽しい雰囲気を維持しつつ、
ほかの客がギュウギュウに詰めてこない、
さらにケーキタイムになったら店内のどこにいる客からも目立つ位置という、僕的なスイート・スポット。
さらに当日は平日にもかかわらず午後9時に入店という気合の入れよう。
当然、入店時は店内ガラガラです。っていうか貸切状態。
さらに気合を入れるため、今日はブラックを注文。
すると、誕生日プロモーションでもう一本フリーでついてくるではないですか!(要IDないしパスポート)
これはうれしい。バリうれしい。
22時が過ぎて徐々に客が増えて行き、
しかもテーブルの左右にけっこうかわいい女の子が座り出して、
テンションはますます上がります。
が! ここでハプニング発生! なんと警察の手入れがありました。
22時半ごろからおじさんの警官がフロアに入ってきて、
客にIDの提示を求めたり、尿検査のために外に連れて行ったりしています。
といっても、警官が気になった客のみをランダムに抽出するやり方で、全員検査ではありません。
なぜか女性しか連れて行きませんでしたが、あれはなぜなんでしょうね。
タイでは女性のほうが麻薬やってる割合が高いってことなんですかね。
それとも、警官が男の尿を調べるのが嫌だった?
23時半ごろにはなんと、店内が明るくなって、
警察大将らしき人を先頭に数十人の警官が入ってきました。
後で聞いたところによると、この後もうひとつの人気パブにも警察が行ったようで、
なんだかものすごい大掛かりな手入れだったらしいです。
手入れ自体は10分ほどで終了。
僕たちも警官にパスポートを提示しただけで終了。
警官が出て行ってからは30分ほどで客が戻り始めて、元の状態に。
24時に差し掛かるころには、普段よりも少ないものの、
パブとして楽しめる程度の客の入りになって一安心でした。
そして24時過ぎにはお待ちかねのケーキタイム。
バンドがハッピーバースデーを歌い始めた直後のタイミングで
なじみの店員が預けておいたケーキを持ってきてくれました。
もちろんロウソクに火をつけた状態で。なかなか気の利くやつです。
(この辺、なじみじゃなかったり、気の利かない店員だったりすると、
タイミングがずれたり、最悪忘れられたりするので注意)
今回はなじみの店員の紹介でさらに2人ほど知り合えたし、
ケーキタイムの直後にはBoozeの常連アイドル・ビッチちゃん(ほぼ毎日遊びに来ている女の子。女優並みの容姿で店内にファンも多いが性格がビッチで有名)も祝いに来てくれたし。
そんなこんなで無事誕生パーティーを終えることができました。
Daiくんおめでとう!
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ