完全燃焼。 PRU POP LIFE CONCERTその4

カマラ母さん登場
さてさて、最後は肝心のPRUについて。
一言、すごかった!
特にボーカルのノーイ。
タイ人のブログやら記事やらを読んでみると彼はバレエの心得もあるそうで、
バレエで鍛えた体を最大限に使って、激しいパフォーマンスを披露しつつ歌うのが彼の特徴となっています。
その激しい動きはまさに「格好いい江頭2:50」といったところ。
動きだけ見ると江頭なのに、その鍛え抜かれたスタイルと動きのしなやかさとキレのせいでめっちゃ格好よく見えます。
一緒に見に行ったゆみさんは「江頭なんてサイテー。『至高のダンサー』とかにしてよ!」と言われましたが、これだけはゆずれません。
今回では、彼の身体表現を最大限に見せようという意図からか、
ほとんどの場面では演奏を担当するほかの3人にはあまり照明が当たらず、
ステージの上でノーイだけがくっきりと照らし出されていました。
でもって、そのパフォーマンスもまたすごい!
上半身泥まみれになったり、サランラップ巻き付けたりとプチ暗黒舞踊みたいな衣装あり、
バレエ仕込みの回転ジャンプの披露あり。
クライマックスではダイブまで見せてくれたり、
マイクスタンドを振り回しすぎて壊しちゃったりと、
とにかくサービス精神にあふれまくっています。
特に盛り上がったのが、後半戦。PRUの全員がおばさんカツラを付けて
母親のカマラさんの「Live & Learn」の演奏を始めたとき。
※このカマラ・スコーソンさんは、タイ人の若者にめちゃくちゃ人気のある歌手(たぶんジャズ・シンガー)。塩沢とき並みのでっかい髪型がトレードマークで、タイ人はみんなカマラ母さんとよんで慕っています。
このスコーソン一家はカマラさんとPRUの二人(スキー、ノーイ)を筆頭に、家族みんなが音楽をたしなんでいる音楽一家です。
この一家のだれか忘れましたが、サイアム・シティホテルのオーナーでもあります。
※この「Live & Learn」、タイ・ポップスでは珍しく恋愛とは関係ない曲で、
「人生には転機が必ずやってくる。だから、その時に心の準備ができるように、日々の生活を学びすごして行こう」(チョー意訳)といった内容。
この歌、パブではあんまり流れませんが、
カラオケとかで歌うと相当盛り上がります。めっちゃいい曲です。
プレーンタイさんのブログのここに歌詞と訳があります。
歌の中盤からはカマラお母さん本人が登場。
ここから一気に会場の温度が上がりました。
今回はステージ前に行ってもOKという趣向だったんですが、
この時点でステージ前は超満員。
ここからヒット曲を次々と繰り出して、観客と大合唱。
僕もさっそくステージから1mくらいの距離まで近づき、
歌いまくり、踊りまくるノーイを見ながら一緒に踊り、かつ歌いまくってきました。
歌いすぎて脳に酸素があまり回らなくなったせいか、
ここからの記憶はかなりあいまいです。
とにかく、目の前でバレエのジャンプを披露するノーイに喜び、
前後左右から聞こえてくるタイ人の歌声に合わせて歌い、
歌と共に変化する照明に喜び、ゆさゆさ揺れる天井に驚きました。
僕にとって、良質のエンターテイメントの条件とは
「予想は裏切り、期待は裏切らない」(by板垣恵介)ことだと思っているのですが、
今回は、まさにそれを体感できたコンサートでした。すばらしかったです。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ