とろっとろの角煮がご飯にドーン! 台中での朝食・昼食は「山河魯肉飯」がおすすめ!

台湾に行くときは基本的にライブや映画の時間を中心に移動しているので、「人気の行列店で食事する」ということがほとんどありません。が、今回、台中で行ってみた魯肉飯の食堂が予想を遥かに超えておいしかったので紹介します。



 

魯肉飯(ルー・ロー・ファン)とは豚肉を甘く煮込んでご飯にのせた料理。いわゆる丼ものです。台湾には各地で有名な「○○飯」がありまして、嘉義なら七面鳥を使った鶏肉飯、高雄なら焼き豚をのせた焼肉飯といった料理が有名。台中では魯肉飯が有名らしく、あちこちにお店がありました。

この魯肉飯、北と南で料理が違うそうで、北部だと挽き肉を煮込んだものをのせた料理になりますが、南部では角煮をのせたものになるようです。北部では角煮をのせた丼は「控肉飯」というらしい……。

 

そんな中で私が行ったのは「山河魯肉飯」というお店。

お店があるのは「台中第二市場」というレトロな雰囲気が漂う市場です。ここ、B級グルメの聖地とも呼べそうな市場でして、ご飯物や麺物、水餃子にスイーツ、ドリンクなどさまざまなタイプの飲食店がぎっしり入っています。ここ、近くに住んでたら毎日通っちゃいそう。

 

台中駅からは大通り「台灣大道一段」を北にまっすぐ進むだけ。徒歩10分くらいで着くのでアクセスもしやすいです。

この市場内での「山河魯肉飯」の位置もわかりやすい! 市場自体は狭い路地が入り組んでいるのですが、「山河魯肉飯」については「台灣大道一段」沿いに店舗があるので、すぐ行けます。

 

 

昼食時には行列ができる人気店!

市場に行ったのはちょうど正午を回ったところ。すでに20人くらいの行列ができていました。

客層は、周囲のオフィスで働いているような人と、観光客らしい人の半々といったところ。
便當も売っているので、持ち帰りにして近くの台中公園で食べても良さそうです。

 

 

店員のおばちゃんがテキパキと客をさばいていくので10分も待たずに注文できました。

ここの名物はなんといっても魯肉飯なんですが、そのほかに「麻薏湯」という黄麻の葉っぱとサツマイモが入ったスープも有名だそう。
ただし夏季限定なので、この時期にはありませんでした。

 

注文は筆談と指差しでクリアー。
メインとなるご飯物についてはカウンターに写真入りメニューがあるので、指差しで簡単に注文できます。

 

おかず類も容器に入ってガラスケースに並んでいるので指差せばOK。

湯(スープ類)については奥に鍋が並んでいるので指差しでは注文できません。筆談で行きましょう。

 

 

箸で切れる、とろっとろの角煮!

 

そしてこちらが頼んだ品物たち。

魯肉飯55台湾ドル(約200円)
蜆湯20台湾ドル(約74円)
キャベツの漬物20台湾ドル(約74円)



スープはしじみのスープです。

魯肉飯は大鍋で長時間煮込まれているようで、角煮が箸で切れるほどの柔らかさ。口の中でとろっとろに崩れていく食感がたまりません。

そのタレがかかったご飯はちょっと固め。

思った以上に満足度の高い昼食になりました。

次回また台中に行ったときは必ず足を運びたいと思います。

 

ちなみに営業時間はこんな感じ。市場で働いている人向けなのか、早朝から営業しています。