日本デビューも決定! Deca Joinsのライブ@Legacy台中は思った以上に熱かった!

台中のカリスマCDショップ「元氣唱片行」に立ち寄ったその足で、これまた台中を代表するライブハウス「Legacy 台中」に向かいました。目的はもちろんライブです。Legacyは台北市内に3軒、台中に1軒を展開する有名ライブハウスです。

 

この日、11月16日はDeca Joinsというバンドが出演。

彼らは2013年に結成された4人組のバンド。昨年1stアルバムの「浴室」をリリースしたばかりです。

 

台湾インディーズの中でも最近勢づいてきたバンドで、現在11月にリリースしたEP「Go Slow」のリリースツアーを行っているのですが、台湾の主要都市に加えて中国でも20都市以上でツアーを行う程の人気ぶり。さらに12月5日にはEP「Go Slow」の日本盤がリリース、来年2月にはミツメの自主企画へのゲスト出演で来日することも決まっています。

1stアルバムから次の作品にかかるまでのペースの速さ、そしてこのツアーの数! まさに期待の新人といえるでしょう。

Amazonでも買ったり聴いたりできます!


 


でも……、実は今回のライブは個人的には消去法的な感じで決めたんですよね。

というのは、彼らのアルバム音源を聴いていると「Go Slow」っていうくらいだからスローテンポな曲が多くて、ライブ聴いているうちに眠っちゃいそうな気がしたので。

つまりこんなメロウな感じなんです。

ちなみにこのMVは日本で撮影、監督も出演者も日本人というもの。日本進出する気満々ですね。

だから本当はちょっと避けたかった。台湾旅行最初のライブなので、なんかもっとぶち上げてくれるノリノリのロックが良かったんですが……この日はほかにいい感じのライブがない!

なので、「あまり好みじゃなさそうだけど、ほかに行きたいライブもないし、しょうがない、行くか~」的な感じで行くことにしたんですが……。

 

ごめん、本当にごめん! すげえ良かった! すげえぶち上がった!

 

この日は正式メンバーの4人に加えてキーボード&サックスとパーカッションのサポートメンバー2人も加わった6人体制で完全に殺しにかかってきてました。

アルバムと全然印象違うし! 予想とはまったく違う、激しいノリノリのライブを展開してくれました。



この曲のサビ部分なんか、みんなで大合唱巻き起こってたし。

 

これは前日に「Legacy 台北」でやったライブのファンカムだけど、客のノリの良さや響き渡るサックスやドラムの音の格好良さ!

 

台湾のバンドってアルバム音源とライブでまったく印象が変わるバンドが多くて、「おしゃれなポップバンドだと思っていたら想像以上にロックだった」ということがよくあるので、これからもお金をためてライブには直接足を運ばなければいけないな、と強く反省させられた一夜でした。

Deca Joins超おすすめです!