タイポップスがもりもり。 「Molly Bar」

「Molly Bar」昨日はTeppei&エッグ、エッグの友達たちとカオサンに。
行ったお店はランブトリー通りの「Molly Bar」。
ここ数年、安定した人気を誇っているお店で、
その評判をちょくちょく耳にはしていたんだけど、
「踊れる店じゃない」ってことで、実際に足を踏み入れたのは今回がはじめて。
なんというか、由緒正しいカオサン系のお店といった感じ。
じゃあそのカオサン系ってなんだ? ってことなんだけど、
僕の中では
①値段が比較的手ごろで、中流の、そんなにハイソじゃない人たちが集まっている。
②レトロ&洋風の家っぽい雰囲気の内装(店によっては本当に古い民家を改造してたりする)。
この二つがカオサン系の大きな特徴なんじゃないかって思ってる。
(ちなみに「裏カオサン系」ってのも僕の中ではあって、それはカオサンを取り囲むプラアティット通りとかサムセン通り、プラナコン・バー近辺、タナオ通りなどのこと。カオサン中心部と比べると、また微妙に客層とか店の雰囲気が変わって面白い。あんまり行かないので詳しくはないけど)
さて、今回の「Molly Bar」は、なかなか良かった!
タイポップス・オンリーで、しかもアコギ系のバンドが入るんで、
ガンガンに踊るというよりも、むしろみんなで歌いつつコミュニケーションを深めるような感じのお店。
店内は思った以上に狭く、そして満員できつきつ。
お客の年齢層もちょっと高め。
パッと見た感じでは20代後半がメインらしい。
選曲もそれを反映してか、
お客が中学生や高校生のころに聴いてたような、ちょっと古めの曲も多くかかる。
特に今回うれしかったのは、二コルの「マイチャイ・マイチャイ」と、
映画『フェーンチャン』に出てきたサーオ・サーオ・サーオの曲(曲名忘れた)がかかったこと。
とりあえず、一緒に来てたみんなでマイチャイ・マイチャイ踊りをやっておいた。
ひさびさに行ったカオサン。
いつも行くトンローに比べて客も選曲も雰囲気も、全体的にベタなんだけど、
これはこれで、肩の力を抜いて気楽に楽しめるんだよな~。
また行こうっと。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ