目覚ましに一発。 FUNKY GANGSTER & JAZZ IN LOVE「MAKE LUV 2 U」

FUNKY GANGSTER & JAZZ IN LOVE「MAKE LUV 2 U」最近、眠気で頭がボーッとしてきたときに聴いているのがコレです。
この間の日曜日にノーンで見かけて、
JAZZ IN LOVEという名前に見覚えがあり、買ってみた一枚。
(実際はFAT FESに合わせて発売されていたのですが、
なんとなくスルーしてました)
正式タイトルは上の見出しよりももっと長くて
HOUSE No.28 PRESENT
FUNKY GANGSTER & JAZZ IN LOVE
feat. ELA ALEGRE 「MAKE LUV 2 U」

といいます。
「MAKE LUV 2 U」というタイトルの曲をリミックスしたものが、全部で7曲収録されてます。
トランス風やダンス風などいろんな味付けをしてますが、
どの曲もちょっとおしゃれなクラブに合うような雰囲気。
全体的にアップテンポな曲調でまとめてあります。
なんて、僕の説明じゃぜんぜんわかりにくいと思うので、
とりあえずオリジナルバージョンをここから試聴してみてください。
こういう曲、めっちゃ好きなんですよ。
でもって、後で思い出しました(っていうか調べました)。
このJAZZ IN LOVEというのは、
バンコクで昨年からめきめきと目立って活動するようになった、
おしゃれ音楽集団「Monotone Group」のメイン・プロデューサーの一人、
トニー氏による音楽ユニットです。
Monotone Groupについてはいずれまた紹介しようと思いますが、
彼らが注目を浴びるきっかけとなったのが、
昨年発売した2ndコンピレーションアルバム。
その1曲目に収録された「ラック・クー……」(Love is …)が爆発的なヒットを飛ばしたからなのですが、その曲を作っていたのが彼なわけです。
ちなみに、「ラック・クー……」はここから試聴できます。
2ndコンピの直後にはJAZZ IN LOVEのオリジナル・アルバム「MONOTONY」を発売。
これはJAZZ IN LOVEがプロデュースした曲をMonotone Groupの歌手が歌うというもので、これも何かのチャートで1位を獲得していたと思います。(おぼろげ)
今日紹介した一枚でボーカルを務めているELA ALEGREも、「MONOTONY」に参加しております。
そんなわけで、今日はMonotone GroupとJazz In Loveは
バンコク・インディーズの中では重要な固有名詞ですよ、って話でした。
いずれ機会があったらもっと掘り下げて書きます。
えっ、FUNKY GANGSTERはどうしたのかって?
ごめんなさい。いろいろ調べたんですけど、
いろんなイベントに登場してるDJってことくらいしかわかりませんでした。
知ってる人がいたら教えてください。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ