ラジオ版サイアム系で行こう! 9月6日の放送は「Sqweez Animalのシンに関する続報」

Love You Till I Die01
北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」
9月最初の放送となる9月6日の放送回では、去る7月29日に自殺してしまったロックデュオSqweez Animalのギタリスト・シン(Singha)に関する続報をお届けしました。
衝撃のニュースがタイのアーティストたちやファンが悲しみに包んでから約1カ月、生前彼と親しかったアーティストたち有志の手によって、追悼ソングがリリースされたり、追悼イベントが開催されたりしています。
上の写真は9月26日開催予定の追悼コンサート「LOVE YOU TILL I DIE」のポスターとイメージ。こちらのイベントはチケットが発売開始から2日ほどで完売。さほど大きな会場で開催されるわけではないとはいえ、彼がファンからどれだけ愛されていたかを伺わせます。
9月6日の放送内容はこちら!
当日の番組ブログはこちら!
番組で紹介した曲はこちら!


■テー=プーリット・ピロムパックディー「ナム・ター」(涙)


この曲は、GMM Grammyに12年間在籍して、ポップロックのヒット曲を次々と世に送り出してきた名プロデューサー・フォーンビアが作曲しています。
実はこのフォーンビア、この7月末にGMM Grammyを退職し、Music Unionというインディーズのレコード会社に移籍したばかり(番組中ではフリーになったと言いましたが、よく調べてみるとMusic Unionに移籍したようです)。
このMusic Unionは、GMM Grammyに所属していたプロデューサーやアーティストたちが同社を離れて立ち上げた会社。規模的にはインディーズではあるものの、その顔ぶれはずっとメジャーの最前線で活躍してきたベテランばかり(そしてそのベテランが見込んでデビューさせた新人もいます)。
今後の活動に期待したいレコード会社の一つです。
ちなみにこのフォーンビアがプロデュースした楽曲はこのアルバムにまとめられています。
「The Original Man Written the Original Soundtrack ฟองเบียร์」
The Original Man Written the Original Soundtrack
■Sqweez Animal feat. White Rose「ナイ・ワー・ジャ・マイ・ローク・カン」(なにがあっても裏切らないで)