二晩続けてインディーズのライブイベントへ。

image
台北の初日&2日目のメイン・イベントは、「noWhere Party」というインディーズのライブイベントへ。
これはForestsというロックバンドが作った同名のコンピレーション・アルバムのリリースパーティーで、それに参加したアーティストが総出演してるっぽいのだけれど、僕の中国語読解力では確信が持てず。
Facebook経由でバンドにコンタクトを取ってチケットを予約して参加して来たんだけど、これがめちゃくちゃ楽しかったです。
ボロボロの雑居ビルの地下が会場で、そこにある、それぞれ30人と60人ずつしか入れないくらい小さな部屋2つを使って、小さい方ではキーボードを使った電子音楽、大きい方ではバンドのライブをやったんだけど、盛り上がるにつれてどんどんギュウギュウ詰めに。
ステージの楽器と楽器の間にまで人を上げちゃって、しかも最後の曲とかになるとなりふり構わずに踊りまくる人に周りも押されて楽器に衝突する人もいたり。
なんとなくだけど、SO::ONがアバウトカフェでやってた頃の雰囲気に似てて、嬉しくなりました。
出演者についてほとんど何も知らない状態で行ったけど、Dronetonics、Come On Bay! Bay!、Skip Skip Ben Ben、Forestsの4組はかなり良かったです。
今は高雄に1日だけ来ていて、今夜はNowhere bandという、昨日のイベントとは名前以外全然関係ないバンドのライブを観に行く予定。