ラジオ版サイアム系で行こう! 3月8日の放送内容は「タイ版アカデミー賞ことスパンナホン賞の受賞結果を解説!」

ConcreteSupan
北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」
3月8日の放送内容は、2月の放送の番組中で紹介した「タイのアカデミー賞」こと「スパンナホン賞」の授賞式が3月1日に行われたので、その受賞結果についてあーだこーだ喋りました。
一番メインとなる作品賞に輝いたのは、個人的にもイチ押しだった『Conrete Cloud(コンクリートの雲)』。1997年タイバーツ危機当時のバンコクを舞台に、父をなくした兄弟とその恋人・元恋人との人間模様を描いたドラマ作品です。本作はさらに監督賞と助演女優賞の全部で3部門を受賞しました。
そのほかの受賞作についても軽く紹介しています。
3月8日の放送(podcast)はこちら!
※Firefoxの最新版だとクリックするだけでは聴けないかも。その場合は右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードしてからお聴きください。
当日の番組ブログはこちら!


番組中で紹介した曲はこちら!
■トゥーイ・ジャリンポーン&ジェームス・ジーラユ「クライ・ケーナイ・クー・クライ」(どれだけ遠くても近い)


主演女優賞を射止めたトゥーイ・ジャリンポーンが出演した『Timeline』の主題歌になります。Youtube1億回再生をタイで最初に達成した同名曲のカバーです。
■SOMKIAT「ルーム・マイ・モット」(全部は忘れられない)

こちらは『コンクリートの雲』の主題歌です。放送時には気が付かなかったのですが、これは1994年リリースのティック・シローによる同名曲のカバーでした。やっぱりとことん90年代にこだわってるんですね。

■追記
現在、この『コンクリートの雲』が3月18日まで、SFワールドシネマで1日1回17時50分~再上映中です。