三度目の台湾。 3日目後半 河岸留言で初ライブ体験。

IMG_7228
【12月30日】
「White Wabbit Records 小白兔唱片」を出てライブ会場の「河岸留言 Riverside Music Cafe」へ。この時点ではまだ20時前でライブが始まるまでまだ1時間以上あるので、周辺をぶらぶら散歩しつつ、適当な店で小籠包を食べて腹ごしらえ。
21時開始なのでその15分前に会場に行ってみたところ、店の外に数人のグループが居たので、「おっ、もう人がすでに集まってる!」と思ってさっそく店内に。受付でチケットを買おうとしたところ、受付のお姉ちゃんが外国人ということにテンパったのか「ス……スリー・ハンドレッド、フィ………フィフティ……ダラー」という、ものすごく拙い英語で対応してくれました。これもやはりタイではなかなかない新鮮な対応です。
さっそく350台湾元払って店内に行くと、開演15分前のはずなのに店内はお客ゼロ。図らずも本日最初のお客となってしまいました。
とりあえずカウンターで100台湾元の台湾金牌ビールを買って、前の方の席に座って飲みながら待っていると、開演10分前くらいからお客が次々と入ってきました。ちょっと見ていると、お客の大半は今日出演するバンドメンバーの友達の様子。
そうこうするうちに、21時3分くらいにライブスタート。オンタイムです。
IMG_7248
1組目は「PINK HAZE 平克孩子」というバンド。アメリカンな感じのフォーク・ロックバンドでした。
演奏はけっこう上手いけど、オリジナリティにはいまいち欠ける感じ。


2組目の「雲圖 Cloud Atlas」が本日のメインのようで、彼らが出てくる前くらいにようやくお店が満席に。
IMG_7256
中国語の綺麗な響きを活かした、静かなポップロックバンドという感じ。今回は通常のライブではなく「Unplugged Night」ってことなので、余計に静かに感じられたのだと思いますが。
ライブ自体は普通に良かったのですが、観客の反応がいまいち薄くて、ちょっと拍子抜けしました。
1曲終わるごとに拍手はするのですが、演奏している間は特に体を動かしたりなにか反応したりするでもなく、じっと座って聴いてるだけのような感じ。タイだと踊ったり歌ったり、体揺らしたりともっとビビッドな反応があるのになぁ、と思いながら聴いてました。
そして最後はベース&キーボードの人が1曲歌って終了。開演から2時間弱できっちりオンタイムで終了しました。
IMG_7279
年末のいい時期にも関わらず、なんだか盛り上がりに欠けるライブでした。台湾の人はこういう落ち着いたライブが好きなんですかね?
IMG_7283
帰りがけに店の入り口でこんなパンフレット群を発見。やっぱりカルチャーシーンの裾野はかなり広いんでしょうね。
まだ終電まで時間があるので、ライブ会場近くの屋台で臭豆腐と牡蠣入りの麺料理を食べて帰宅。
IMG_7290
ライブそのものは不完全燃焼だったけれど、兎にも角にも台湾でライブデビューできた喜びでかなり満足できた一日でした。