「出会い」のドキドキ感と切なさがたまらない! Stamp「ナックレーン・キーボード」MVの会話を解説!

■Stamp feat. Takeshi Yokemura From YMCK「ナックレーン・キーボード」(キーボードの不良)


というわけで、今日はStampの新曲「ナックレーン・キーボード」のMVに出てくるタイ語を解説していこうと思います。
このMVではストーリーの流れと共にスマートフォン内での2人のチャット内容が次々と表示されていきます。これが2人の台詞で、どちらも実際に声を出して喋ることはほぼありません。
登場人物は
BANKBANKKK=バンク。男性によくあるチューレン(アダ名)です。
PIMCHA=ピム。女性のチューレンです。
BANKを繰り返したりCHAが付いたりしてますがこれはタイ人の若者、特に都会っ子がメアドとかハンドルネームを付ける際によくやる一種の流行ですね。
名前で個性を出したり今風にするためで、PimだとほかにはPimmy(ちょっと幼くて可愛い感じ)やPimZa(イケイケな感じ)みたいなバリエーションがあります。


というわけで、2人の会話をご紹介。
~洗面台にて~
BANK「ピム 緊張してる?」
PIM「そりゃあ緊張してるよ バンクは?」
BANK「昨日はぜんぜん眠れなかったわ」
~BTS車内にて~
BANK「チャットするようになってもうすぐ一年だね」
BANK「ようやく本物に会えるわけだ」
~エスカレーター&路上にて~
PIM「最初に会おうって誘った時に あまり会いたくなさそうだったよね」
BANK「男でも恥ずかしい時があるんだよ」
PIM「えっ、私の事『恥知らず』って言いたいわけ?」
BANK「違います!(高い声で)」
BANK(ハートを差し出す絵文字)
PIM(大量のハートを差し出す絵文字)
絵葉書には「バンクへ 2人が出会った日の記念に ピム」
~映画館にて~
PIM「8時の回を予約したよ」
BANK「いいね。帰りがあまり遅くならなくて済む」
~陸橋の上にて~
BANK「ちょっと本当に尋ねたいんだけど」
BANK「もし俺がぜんぜん格好良くなくて すごいブサイクだったらどうする?」
PIM「たとえバンクが犬になったとしても 私はバンクのこともう好きになってるから」
PIM「あなたはあなたでしょ」
stamp-keyboard0
~カフェにて~
(ブサイクな男性がチャットしてる絵に合わせて)
BANK「ピムはやさしいね。ハグしちゃいたい」
PIM「もうすぐ着くよ」
BANK「今どの辺?」
PIM「ないしょ」
(次々と店内でチャットする客を映しながら)
そして、一番手前の女の子のスマホの画面にはピムの「ないしょ」という文字が。実は、バンクは彼女だった!
そこへピムがバンクの肩を叩いて
PIM「ここ座ってもいいですか?」
と、隣に座るピム。
PIM「ピムも着いたよ」
PIM「私の席には赤いカードがあるから」
ピムの横顔を恐る恐る見るバンク。緊張に耐え切れず店を飛び出す。
PIM「バンク、どこにいるの?」
BANK「今行くから待っててよ」
立ち去るバンク。
~そして夜~
ピムの写真を見ながら泣いているバンク
PIM「メッセージ読んだのになんで返信しないの?」
PIM「バンクが会いたくないんなら、なんで私のことを好きって言ったの?」
PIM「私、本当にあなたのこと好きなんだよ」
バンク「私もあなたのこと本当に好きだよ」と打つも、送信できずに消去。
そして、自らのアカウントを消したところでブラックアウト。