ラジオ版サイアム系で行こう! 8月24日の放送内容は「いま注目のスペシャル・ユニット3つ」!

FRONTAGSE
北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」
8月24日の放送回では、最近注目を浴びているスペシャル・ユニットやプロジェクトなどのいわゆる企画物を3つ紹介しました。
最近のタイではCDショップが次々と潰れているわけですが、それに反比例するかのように次々と新しい企画が立ち上がっていて、それがどれもなかなか面白いのです。
アーティストが複数参加するような、ちょっとした音楽フェス自体もほぼ毎週末開催されていて、まるで「CD亡き後」の音楽界をメジャー/インディーズの垣根を越えて盛り上げようとしているかのようです。
8月24日の放送はこちら!
当日の番組ブログはこちら!
番組内で紹介した曲を聴くには「続きを読む」をクリック!


■パンパン・テムファー feat.ハン・イッサリヤ「サッカニット(少しだけ)」


まずは「FronTAGSe Freeform」というプロジェクト。GMM Grammy内の新人ばかりを集めた「FronTAGSe」という新しいレーベルが「今年の目玉企画」としてやっているカバー企画です。
10~20年くらい前の定番ヒットソング10曲を選び、10組のアーティストがさらに10組のアーティストとコラボしてカバーするというもの。
このコラボの組み合わせがなかなか面白く、どの曲も聴きがいがありそう。
ちなみに上はタタ・ヤンの1996年のヒット曲のカバー。こちらがオリジナルになります。

ほかの収録曲はこちらから試聴可能。アルバム自体は9月14日にリリース予定のようです。
MonkeyDiscoBoy
■Monkey Disco Boy feat. Boom Boom Cash「Forever Young」

今回紹介する中でイチ押しのユニットがこれ! Bakery Musicの偉大なる創設者の一人、スッキー=ガモン・スコーソン・クラップが実に9年ぶりに音楽界に復帰して立ち上げたEDM(エレクトロニカ・ダンス・ミュージック)ユニット「Monkey Disco Boy」です。
タイでは今まさにこのEDMが大流行りなのですが、この「伝説の男」がこのジャンルに帰ってきたことでさらに勢いが増すこと必至。今日もこのMonkey Disco BoyのローンチパーティーがRCAで開催されているのですが、Pod Moderndog、Stamp、Burin、Dome、Gene Kasidit、Jay Montonn Jiraなどなど、今のタイ音楽界を代表するような人がこぞってゲスト出演しています。
これは単なる「いちユニットの立ち上げ」ではなくて、「これからタイのEDMシーンを盛り上げていこう、ムーブメントを起こそう」という決起集会とも言えそうな動きです。
BOYKOR
■theBOYKOR「HELLO」

こちらもBakery Music繋がりで、Boy TriとKor Notapolによるスペシャル・ユニット「theBOYKOR」
洋楽界では昨年くらいからDaft Punkに代表されるような70年代ディスコサウンド回帰の流れが続いていますが、それをタイでもやる人たちが出てきた、ってことで紹介しました。
来週8月31日はプーケットからのレポートになるので僕のコーナーはお休みになります。