タイでも大流行中のアイスバケツチャレンジ、ALS患者支援のための寄付金はこちらへ!

PlayBoyICE
今週の話題といえば、やはり写真の「アイスバケツチャレンジ」。Facebookをやっている人は、タイムライン上でいろんな有名人が氷水をかぶっている動画や写真を何本も目にしたと思います。
普通にニュースを見てる人はもうとっくに知ってるかもしれませんが、これは「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう=ALS)」という病気の存在を周知させることと、その患者の闘病を支援する目的ではじまった慈善キャンペーンです。
これは、指名を受けた人は24時間以内
①バケツ1杯の氷水をかぶってALS患者の感覚を体感するか、
②ALS関係機関に100ドルを寄付する、

もしくはその両方を行って、次にやる人を3人指名する、というもの。ちょっとしたゲーム感覚で情報の拡散を狙っているわけです。


今年6月くらいから流行り始めたそうですが、これが今月に入ってタイや日本にも波及してきたようで、あの人もこの人も……なんて感じで次々と動画がアップされています。
ちなみに冒頭の写真はPlayboy Thailandのバニーちゃんたちが挑戦した様子。

ほかにはPalmy


Bodyslamのボーカル、トゥーン、

オネエキャラの人気MC、マダム・モッド

なんて人たちも次々と挑戦しています。
日本人的には「氷水を浴びる」って行為はやはり「できればやりたくない罰ゲーム」的な感覚ですが、タイはソンクラーン(タイ正月)に思いっきり水を掛け合って楽しむ文化のあるお国柄。
加えて、見知らぬ困っている人にお金をあげるタムブン(功徳)文化もあるため、タイではすんなり受け入れられているようで、猫も杓子も楽しそうに氷水を浴びまくっています。
そうなると、この「ゲーム感覚」の部分だけがひとり歩きして、単に「氷水を浴びるゲーム」として肝心のALSについてひと言も言及しないなんて人も出てきたりして……これじゃあ単なる水資源の無駄遣いだよ!
ちなみに、先ほどこういう画像も回ってきました。
ALS-Africa
いまアフリカで流行っているエボラ出血熱も、清潔な水が手に入りにくいことが感染の一因になっていたりしますし、日本でもいま広島が水のせいで酷いことになっているよね。
この「アイスバケツチャレンジ」、本来の意義はとてもいいと思うし、実際に認知度も高まって寄付も集まっているので、やりたい人はぜひやるといいと思うけど、遊び感覚だけでやる人はちょっと残念かな。
まぁ、それでも有名人の場合は、仮に遊び感覚でやったとしても、数万人がその動画を見て、その何割かは「本来の意義」に辿り着くだろうからアリだと思いますが……。
ほかにも「氷水を浴びるのは心臓に負担をかけて危険なんじゃ?」「他人に強制するのはおかしい」「シーズン中のプロ野球選手を指名するとか浜崎あゆみはアホか」などなどいろんな批判があると思うけど、
この件で一番重要なのは「ALSの知名度を高める」「寄付金を集める」ってところなので、まだ指名を受けていないこちらのブログでは、とりあえずタイでの寄付金受付口座でも紹介しておこうと思います。(ああ、やっと本題に辿り着いた)
今のところ僕が把握している限り、タイで寄付金口座を開設しているのはバンコック銀行とSCB(サイアム・コマーシャル)銀行の2つ。口座はそれぞれ以下のとおりです。
■バンコック銀行(タナカーン・クルンテープ)
口座番号:090-
7-12612-2
支店名:ラマティボディ病院支店
問い合わせ先:0-2306-9800 内線2439
■SCB(サイアム・コマーシャル)銀行(タナカーン・タイ・パーニット)
口座番号:026-430952-1
支店名:ラマティボディ病院支店
問い合わせ先:0-2354-6118
また、病気の詳細、ドネーションはこちらから
ALS Ice Bucket Challenge(寄付もこちらからできます)
Facebook ページ