ほろり切ない純愛映画 『プアン・サニット』

『プアン・サニット』ポスター
この間書いた、注目のタイ映画『プアン・サニット』ですが、
ようやく一昨日見てきました。
行く前にタイ人のスタッフからさんざん「絶対泣けるよ! ティッシュ持ってかないと!」と言われてたんですけど、
やっぱり泣けました。
ポスターのキャッチには「ロマンギック・コメディ」とか書いてましたが、
コメディな要素は随所にちょこちょこ散りばめられてはいるものの、
基本的には真面目に王道をひた走っている恋愛映画です。
【あらすじ】
主人公はバンコク出身の若者・ムー。
物語は、パンガンに旅行に来た現在と、チェンマイの美大で過ごした過去と、交互に舞台を変えながら進んでいきます。
・過去のシーン
チェンマイの美大に入学した大学生・ムー。
入学してすぐに同級生の美少女・ダカンダーと親しくなるが、
友情はいつしか恋心へと変わっていく。
が、ダカンダーはムーの友人と両想い。
報われない恋心を隠したまま、ムーはダカンダーとの友人関係を続けていくが……。
・現在のシーン
卒業試験のあと旅に出たムーだが、パンガン島に向かう船の上で
ちょっとした事故により足の骨を折ってしまう。
島の病院に担ぎ込まれて療養生活を送るムーは、
そこの看護婦・ヌイと親しくなるが、こちらはヌイの片想いに発展してしまい……。
(この先は「続きを読む」をクリック!)
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログへ


最終的にムーはダカンダーとヌイのどちらかを選べることになるが、
さて彼は、自分が愛する人と自分を愛してくれる人のどちらを選ぶのだろうか?
といった感じのストーリーなんですが、
物語が進むにつれて、ムーがダカンダーに寄せている恋心の
重さ、大きさを表現するようなシーンが次から次へと出てきます。
しかも、この恋心は報われないとわかってる恋です。
自分の友人を好きだというダカンダーのためにも、
自分の気持ちはひた隠しに隠さなければいけません。
そして、抑えれば抑えるほど、その気持ちはどんどこ膨れ上がっていくわけです。しかも4年間の大学生活すべてをかけて恋した相手な分けです。
その「思いのたけ」がかなりしっかりと描かれています。この作品では!
報われない恋ばっかりしている僕としては、
もう、もう、主人公・ムーに感情移入しまくりです。
泣きました、マジで。
さすが『フェーンチャン』の監督ってだけはあります。
チェンマイやパンガンの旅情をかきたてられる光景も、
学生時代の青春のワンシーンってやつも、
ことごとく美しい映像によって描かれています。素敵です。
報われない恋に感情移入できる僕も、
タイの旅情に浸りたいあなたも、
青春時代の甘酸っぱい思い出にキュンとしたい彼も彼女も、
とにかく見に行きましょう。話はそこから始まります。
プアン・サニット01プアン・サニット02
プアン・サニット03プアン・サニット04