ひさびさに行ったらチケットシステムが変わってました。「ROUTE 66」@RCA

Route01
昨日は最近よく遊んでいるタイ人の友達とひさびさにRCAの「Route 66」へ。
3年前くらいに外国人のみ入り口で300Bのチケット(クーポンとして全額使用可)を買わされるシステムに変わって以来、ほとんど行かなくなっていました。
このシステムは、外国人はビール1本だけとか、酷い時には一切何も買わずに店内で踊って帰る人が多かったために採用されたもの。「外国人の皆さんも最低300Bは使ってね」というお店からのメッセージですね。
まぁ、それだけ外国人のお客が増えたということなのでしょうが、「入口でパスポートを見せると強制的にチケット販売ブースに行かされ、タイ人がIDを見せるとそのまま入店させてもらえる」というこのシステムが差別的な感じがして、ここ数年Routeは遠慮しがちでした。
※ちなみに、隣の「Slim」もこのチケットクーポン・システムを採用しています。しかも、以前チェックした時は400Bでした。


なので今回は1~2年ぶりの来店になるのですが、ひさびさに行ってみるとチケット・システムに変更が。
入り口にタイ語オンリーで「金曜と土曜は男性のみ300Bのクーポンを購入してください」とあります。
※これ、タイ語オンリーの看板で「300」だけ算用数字で書いてあるところがミソです。
「外国人のみ&男女両方」から「タイ人も外国人の両方&男性のみ」に条件が変わっています。これで以前よりいくらか差別的な感じがなくなりました。クラブの入場料が男女で違うのはよくあることだし。
また、以前はたしか毎日チケットが必要だったと思いますが、今回は金土の夜のみに緩和されていました。
もしかしたら、以前のチケットシステムが不評で客足が減ったため、システムを変えたのかもしれません。
実際、新しいシステムなら個人的にはイヤな気分にはなりませんし。
ただし、ここでちょっと注意したいのはチケットについて説明した看板が「タイ語オンリー」ということ。これ、もしかしたら、外国人女性もチケットを買わされる可能性があります。
実際はどうか、入口付近で観察してみたかったのですが、友達と一緒だったので、確認はできず……。
でもって、ビールの料金がかなり上がっています。シンハー・ビールの小瓶で180B、ハイネケンやバドワイザーだと200Bもします。前に150Bくらいになった時ですでに「たかっ!」と思っていたのですが、さらなる値上げをした様子。
肝心の客の入りはというと、さすが金曜ナイト。向かって右側のDJゾーンがめちゃくちゃ盛り上がっています。店内からもあふれて、お店の前の道路を完全占拠。左側のバンドも店内はけっこう埋まってました。
DJゾーンの選曲も最新のEDMのヒット曲から2005年くらいにめちゃくちゃ流行ったHIP HOPまで、みんなが知ってる曲オンリーでアゲまくる選曲。ひさびさに行くとこういうベタな曲ばかりでもなかなか楽しめますね。
そんなこんなでこの日は1時間半ほど滞在しましたが、なかなか楽しめました。