getsunova「クライ・ケーナイ・クー・クライ」がYoutubeで再生回数1億回を突破! バンドから感謝のスペシャル動画も公開。

getsunovaOA
デビューから5年、昨年ついにブレイクを果たした男性4人組バンドgetsunovaですが、そのブレイクのきっかけとなった曲「クライ・ケーナイ・クー・クライ」(君のこころに届くまで)の公式音源がYoutubeでついに再生回数1億回を突破して話題になっています。
たぶんタイの曲では初の快挙なんじゃないでしょうか?
■getsunova「クライ・ケーナイ・クー・クライ」(君のこころに届くまで)


日本語の字幕付きMVも公開されています。



この曲は昨年末に放送された「ラジオ版サイアム系で行こう!」でも紹介したのですが、2012年8月にリリースされた後、年末に向けてじわじわとヒット、2013年前半を代表するヒット曲となりました。
これを歌っているgetsunovaはGMM Grammy内のロック・レーベル「DUCKBAR」所属のバンドで、ジャンル的にはポストパンク、ブリットポップといった感じ。
普段やっている曲はインディーズっぽいサウンドが特徴なのですが、この「クライ・ケーナイ・クー・クライ」はもろにタイ人好みのやさしい音色に口ずさみやすい歌詞で大ヒットしました。
2月13日公開のタイ映画『Timeline』の主題歌にも使われています。
今回の1億再生を受けて、getsunovaから感謝のスペシャル動画が公開されています。
■Getsunova – 100,000,000 Thanks 100,000,000 Views

getsunovaのほかの曲はこんな感じです。個人的には「テークターン・ムアンガン」が一番好き。TVドラマ「Hormones」の主題歌だったこともあって、一番多く聴いている曲でもあります。
■getsunova「テークターン・ムアンガン」(同じように違っている)

■getsunova「シン・ティー・ターム・ハー」(探し続けているもの)※最新シングル

■getsunova「セート・スワン」(余計なもの)

ちなみに、昨年大ヒットしたこの2曲もあと半年くらいしたら1億再生行きそうですね。
■3.2.1 feat. バイトゥーイ「ラック・トーン・プート(ネーン・オック) Splash Out」(恋はオープンに…胸がキツイの)

現在の再生回数は約8300万回。
■インリー「コー・ジャイ・ター・レーク・ブー・トー」(あなたの心と電話番号を交換してあげる)

現在の再生回数は約8800万回。
ちなみにgetsunovaのTwitterアカウントは、いま現在ニュースサイトのリツイートやファンからのコメントなどで「1億再生祭り」みたいになっていて、見ていてちょっと楽しいです。