震災の爪痕いまだ生々しく……。福島県浪江町のGoogleストリートビューが本日公開。

Googleが本日、2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに伴う原発事故により大きな被害を受けた福島県浪江町のストリートビューを公開しました。

大きな地図で見る
浪江町は、その半分が福島第一原発から20km圏内にあるため「警戒区域」に、残りは「計画的避難区域」に指定されており、2万1000人の全町民が震災後2年が経過した今もなお避難生活を強いられている自治体です。
以下、Google Japan Blogより抜粋。


(引用ここから)
福島県浪江町のストリートビューの公開によせて
2013 年 3 月 28 日
Posted by: 馬場有/福島県浪江町 町長

※ 本ブログポストは、福島県浪江町町長 馬場有様にご寄稿いただきました。
本日、浪江町がGoogle マップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。
浪江町は日本の太平洋に面する福島県浜通りにあります。海、山を有し、「海と緑にふれあう」美しい町です。それが 2011 年 3 月 11 日の東日本大震災とそれに伴う原発事故により、21,000 人の全町民が今も全国に避難しています。
震災から 2 年経過した今でも、浪江町には自由に立ち入ることができません。多くの町民から、ふるさとの状況を見たいという声があります。また、世界的にも原発事故の悲惨な状況を映像で見たいという方がたくさんいらっしゃると思います。
Google の協力で、今回ストリートビューで町のありのままの姿を多くの町民の皆さまにお知らせできること、世界に発信できるということをとても、嬉しく思っています。
(引用ここまで。全文はこちらから見ることができます。)
ストリートビューを少しだけ見たのですが、震災で崩れた建物がそのままになっていたり、草が生え放題でゴーストタウンになってしまっていることが映像からも伝わってきて、かなり生々しいです。ほんの2年と少し前にはここに2万人以上の人が普通に暮らしていたのかと思うと、胸にこみ上げるものがありますね。