メリクリ・パタヤK-30撮って出し ラン島編。

IMGP9148
そんなこんなでパタヤらしくない(邪悪ではない)パタヤナイトを満喫した後はホテルで就寝。適当な時間に起きてチェックアウトしました。今回泊まったホテルはソイ4の「タイ・シティ・パレス」という所。
「パレス」(宮殿)と付く割りには1泊900Bというお手頃価格でした。部屋はエアコンの効きが悪く、バスタブもなし。Wi-Fi付きとうたっているのに、部屋ではほとんど電波が入らず、部屋もかび臭くて、値段なりの宿といったところでしょうか。
チェックアウトした後は宿の前にいたバイタクに乗ってバリハイ埠頭へ。12分&70Bで到着です。


IMGP9160
この看板を見るとパタヤに来たって気がします。
IMGP9162
IMGP9166
10時出発ナーバーン港行きの連絡船に乗ってラン島へGO! ちなみにラン島への時刻表はこんな感じになっております。
IMGP9276
約40分でラン島に到着。ここからバイタクに乗って(50B)サメー・ビーチに向かいます。
IMGP9196
写真からはわかりづらいですが、島の中央にある山を越えた直後の写真。急な下り坂の向こうに海が見えてとっても気持ちいいです。
サメー・ビーチに到着。ここはそれほど人が多くなくて静かな上、ビーチもなかなかきれいでした。
IMGP9206
IMGP9208
適当なビーチチェアに腰掛けて(50B)さっそくビールとシーフードを注文。
IMGP9227
メインはやっぱりエビ焼き(500gで400B)。これだけ堂々としたエビを独り占めできるのは一人旅ならではの魅力ですね。
でもって定番のイカの黒胡椒炒め(150B)。
これらをつまみながら、3時間ほど海を眺めたり、文庫本を読んだりしてバンコクへ帰ってきました。やっぱりビーチのまったり度は半端ないですね。
IMGP9274
あ、そうそう。見出しの「K-30撮って出し」というのは、Pentaxの一眼レフ「K-30」を使って撮った写真をリサイズしただけで画像補正かけずに出してます、という意味です。実際には数点明るさをいじったりしてますが、そういうことで。