今年最初のビアガーデン・ライブ行ってきました。Zeal@シンハービアガーデン

SinghaZeal01
一昨日の夜は仕事を早めに切り上げてセントラルワールド(CTW)前へ。シンハーのビアガーデンZealのライブを観に行ってきました。というわけで、今日は「CTW前ビアガーデンでのライブ」について軽く解説してみたいと思います。
ボーカルPexのFacebookに「今日は夜9時からやるよ!」と書いてあったので、「どうせタイ時間で10時くらいからでしょ」とたかをくくって夜9時ちょい前に入場。


シンハーの場合、ライブのある日は入場時に1500B分のクーポンを買うと4人まで入場可能。このクーポンはその日限りですが、全額をフード&ドリンクの購入に使えます。普段も4人でビール飲みに行けばそれくらいは使うので、良心的な価格設定と言えるかも。
というわけでクーポンを購入し、IDチェック&ボディチェックを受けて9時ちょい前に入場したわけですが、意外にも前の方に空席を発見。ステージ前に陣取ることができました。
ものすごい人気のアーティストだったり週末だったりしない限り、ぎりぎりに行っても席の確保はそう難しくはなさそうです。
SinghaZeal02
席についてあれこれ注文。ビールは当然生ビアシンのタワー、たしか3リットル入で510Bなりでした。
ビアガーデンの場合、客の数に対してウェイトレスの数が足りてなかったり、テーブル詰め込みすぎで移動が大変だったり、厨房の動線が最適化されてなかったりするため、注文してから15分は待たされます。
ビールが手元にない15分はとても長いですが、そういう場合はエアビールで乾杯して無理やり「飲んでる気分」になって待ちましょう。
そうこうするうちにライブがスタート。なんと、予定よりも早い8時56分に演奏が始まりました。これは予想外。
SinghaZeal03
ビアガーデンでライブを見る場合、余裕をもって8時半すぎには入場しておいた方がいいようです。僕たちは開始直前に入場したため、ライブが始まってもしばらく手元にビールがない、という残念な事態になってしまいました。
ちなみに、別にビール飲みたくないしクーポンも高いし、ライブだけ観たいんじゃ! という方にもビアシンのビアガーデンはやさしい設計になっています。
ステージに向かって右手、CTW側は1mくらいの低い柵があるだけなので、そこからライブを丸々観ることが可能です。しかもけっこうステージに近いです。
Zealのファンクラブのメンバーも柵の外側に大集結。
ちなみに、ビアガーデンの客はたまたまビールだけ飲みに来た人も多いせいか、ライブの時でも基本的に座ったままでノリがよくないです。一方柵の外側は熱烈なファンが多いのでノリノリ。
自然とボーカルPexもファンサービスのために、ステージ右手に立ってファンの方を向いて歌うことが多くなります。
SinghaZeal04
SinghaZeal05
金払って入場してる客よりタダ見のファンにサービス。プロとしてどうかと思わないでもありませんが、いつものファンを大切にする姿勢は好感がもてますよね。
SinghaZeal06
ちなみに左のギタリストが新メンバーとして紹介されていました。ギターが2人になったことで音にも広がりが出てきたりするんでしょうか?
そんなこんなで1時間ちょいでライブは終了。ビアガーデンでのライブは開放感があるのと、つまみを食べながらまったり楽しめるのが長所ですが、スタンディング形式に比べると客が座ったままなので一体感に欠けるのが難点。
あ、あと、ビアガーデンの場合は楽屋というか控え室が外から丸見えなので、ライブ後にステージ裏に回ってアーティストにあいさつしたり、記念撮影したりがしやすい、というのが大きなメリットかも。
特にZealはファンサービスが過剰なことで有名なので、ライブ終了後はどっさりファンが移動してました。
ついでに言うと、ビアガーデン個人的には飲み食いの方にも集中力が割かれてしまうので、ライブの細かな演出とか曲構成をほとんど覚えられないのが残念です。
次はパブでライブ観に行きたいなぁ。