GMM GrammyがiTunes Store(TH)内での販売価格を引き下げ! これで一気に音楽配信が普及するかも?

gmm-grammy-albums-price-drop_02
タイにおけるApple製品関連ニュースを扱っている大手サイト「Siampod」にこんな記事が載っていました。
GMM Grammy、iTunes Store (TH) の音楽アルバム価格を引き下げ始める(Siampod)
GMM Grammyがタイ国内のiTunes Storeに限り、アルバムの販売価格を引き下げました。以前は9.99USドル(314.29B)だったのが今は5.99B(188.45B)とかなりの値下げになっています。
店頭で売っているCDアルバムは1枚130~160Bといったところなので、かなりCDの値段に近づいたことになります。


これくらいの価格差なら、CDショップに足を運ぶ手間と移動費なんかを考えると、iTunes Storeで買ってもそんなに割高には思えないですね。
特に、画像にあるような、「まだCD化はされていない新曲」がこの値段で手に入るのはうれしいかも。
業界最大手による今回の値下げがきっかけになってほかのレコード会社も追随すれば、ここから一気にタイでのiTunes Storeの普及が進んで、音楽配信が伸びていくかも?
※今回の大幅値下げのニュースを見て、個人的には2001年頃にGMM Grammyが行なったCDアルバムの大幅値下げを思い出しました。
これは、当時蔓延していたタイ音楽のコピーCD(当時1枚100Bくらい?)に価格的に対抗して、かつテープ(当時1本100~120B)に代わってCDを普及させるため、1枚299BだったCDの価格を155Bに一気に下げたものです。
これに合わせてRS Promotionも149Bに値下げ。Bakery Musicはそのまま変わらず、その代わりに紙ジャケのような物としての高級感を高めたCD作りを目指す、という路線をとっています。
(当時、僕はまだタイに住んでなかったので、値下げでどれくらいコピーを駆逐する効果があったのか分かりませんが……)
しかしSiampodがいつの間にか日本語併記(しかも、かなりしっかりした文章!)になっていたのには驚きました。正直、Grammyの値下げよりもニュースとしては重要かも。