日本のドコモのCMにタイ語が! でもこれを見たタイ人からの反応は……。

「ドコモのCMにタイ語が!」と、昨日からTwitterやFacebookのTL上で話題になっているのがこちらの動画。
どうやら、ドコモのスマートフォンに搭載されているサービス「しゃべってコンシェル」に、アップデートで通訳機能が追加されるようです。
(日本の携帯事情に詳しくないので、この辺間違っているかも)
■NTT docomo ドコモthanksキャンペーン 「とある留学生と、私。」篇 山下リオ


でもって、日本人のタイ好きは「ドコモのCMにタイ語が出てくる日が来るなんて!」と喜んでいるわけですが、その一方でこの動画を見たタイ人からの反応はというと……。


Youtubeのコメント欄を見ると「可愛い!」「このCM好き!」という好意的なコメントがある一方で、「この人はタイ人じゃない」「子供みたいな字」というツッコミも多数と、ほぼ真っ二つに反応が分かれています。
(個人的には山下リオが可愛いので、このCM好きですが)
実はこのCMにタイ人留学生役として出演している男性は森崎ウィンという人で、ミャンマー出身(国籍は日本)。ノートのタイ文字が汚いのもおそらくそのためでしょう。
ちなみにタイとミャンマーは昔から血で血を洗う戦争を行なってきた隣国同士。いくら地域が近くて見た目もパッと見では分からないとはいえ、「タイ人としてミャンマー人を出演させるなんて!」という拒否反応を感じるタイ人もいるのかもしれませんね。
イケメンのタイ人なんてちょっと探せば東京にたくさん居そうなのに、なんでミャンマー人をキャスティングするんでしょうね? 2003年にはタイの女性歌手Briohnyを使ったCM出したりしてたのに。
BriohnyDocomo
■7月16日追記
ドコモのCM、後編が公開されました。