5月19日に赤服(UDD)による強制排除犠牲者追悼集会が開催。数万人が集まる可能性も?

タイ全土を揺るがしたと言っていい、2010年の赤服(UDD:反独裁民主戦線)によるバンコク都心部・ラチャプラソン交差点占拠と、それに対して5月19日に行われた強制排除。
あれからちょうど丸2年が経つ、ということで、赤服による追悼集会が行われるようです。
以下、在タイ日本大使館から届いたメールを転載します。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
タイ在留邦人の皆様へ
                【大使館からのお知らせ】
                                   緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
        反独裁民主戦線(UDD)によるデモ集会実施について
                  (5月17日現在)


1.治安当局によれば,反独裁民主戦線(UDD:通称「赤シャツ・グループ」)は,2010年にバンコク都内ラチャプラソン交差点を中心として行われた大規模デモに対する強制排除から2年を迎える5月19日(土)に同排除による犠牲者の追悼をするため,以下のとおりデモ集会を行う模様です。
●日  時:5月19日(土)14時頃~翌15日午前00時頃迄      
●場  所:ラチャプラソン交差点
●人  数:数万人が参集する可能性有り

2.つきましては,上記1.のとおり,UDDによるデモ集会の影響で,デモ集会当日の早朝からラチャプラソン交差点周辺では警察による規制等により交通渋滞や人の混雑が予想されますので,報道等から最新情報の入手に努めるとともに,同交差点の周辺に近づく場合には,十分に注意を払ってください。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511