2日目も満喫! Big Mountain Music Festival 3

BMMF3-01
その後の「Big Mountain Music Festival 3」(BMMF3)ですが、2日目はさらに盛り上がりました。前回、前々回に比べてさらに人が増えたんじゃないかな?
そのおかげで混んでる時間は酒とか水を買うのもひと苦労。食べ物にありつくのは、そのさらに倍くらい難しくなった気がします。
2日目もやはりメインステージに陣取っていたのですが、ラインナップがさらに豪華になっていました。どのアーティストも、ソロコンサートで大きな会場を満席にできたり、大規模の音楽フェスのトリを努められるような人たちばかりとあって、まぁ観客の密集度合いが半端なかったです。
その中でも特に良かったのはタイのお祭り系ロックバンド「Paradox」です。


彼らとこのBMMFはけっこう深い関係にありまして、今年2月に公開された青春恋愛+音楽フェス映画『ラック・マン・ヤイ・マーク』では、BMMF2での彼らのライブ映像が映画のクライマックスとして登場。また、今回のBMMF3ではDa Endorphineとフィーチャリングしてフェスのテーマソング「マン・ヤイ・マーク」を歌っています。
そんな彼らのライブですが、普段にも増して気合いが入りまくり。パフォーマーもいつもの2人に加えて、さらに4人ほどがステージ上で盛り上げてくれました。
BMMF3-04
ビジュアル担当、ベースのSongはカオヤイ名物の牧場&BMMFのロゴに引っ掛けて牛のコスプレです。
BMMF3-03
そして、今年Paradoxが主題歌を歌った『SuckSeed』では主人公が所属するバンドのボーカルを務めた若手俳優Peach君が乱入。


でもって、クライマックスではDa Endorphineを迎えて、イベントテーマ曲「マン・ヤイ・マーク」を熱唱。

これはPA(音響)ブースというかタワーからの映像ですね。
でもって最後には打ち上げ花火で締めくくりました。
BMMF3-02