いよいよ明日発売! Palmyのニューアルバム「Palmy5」

Palmy5-1
たびたびお伝えしているPalmyのニューアルバム「Palmy5」ですが、明日のリリースを控えて、Pantip.comに簡単なレビューが掲載されました。
その投稿者によると、アルバムに先立ってリリースされた収録曲はメジャー向けの曲だけれども、それ以外の収録曲はインディーズ向けの凝った曲になっているのだとか。
もともとインディーズ志向の強かったPalmyだけに、今回のアルバムはじっくり時間をかけて心底満足のいく一枚を作り上げた、ということなのかも?


また、1曲だけ英語の曲が収録されているそう。「Crush」というタイトルのこの曲は、ノルウェー出身のアコースティック・ポップデュオ「Kings of Convenience」Erlend Oyeと歌ったもので、2人の歌声がとても美しいハーモニーを奏でているとか。
さらに今回は、レーベル/レコード会社の枠組みを越えて、様々なアーティストが制作に参加しているのも大きな特徴。ゴー・ノタポン(Groove Riders)、ター(Paradox)、ボーイ・トライ(Friday)、Ynot7、Stampなど、幅広いジャンルの個性が結集した一枚になっているようです。これは早く手に入れたい!
Palmy5-2
Palmy5-3