ランボー怒りのタイスキ/タイでのMNPはとても面倒くさい の巻

skytrainjazz01
昨日は日本人の友だちとセンチュリーで2人タイスキ。外食中心の生活を送ってると野菜が不足しがちなので、最近はこういう鍋料理にぐいぐい惹かれています。自分用のタジン鍋を買おうかちょっと悩んでるくらい。
でもって、約束の時間に20分ほど遅刻して友人到着。なにやらプリプリと怒ってますた。(えっ、遅刻しておいて逆ギレ!?)と思ったのですが、話を聞くとそうではない様子。タイの電話会社についてお怒りでした。
鍋が煮えるのを待ちながら延々と愚痴を聞くワタクシ。


って、順を追って書いていくといっこ前の吉野家の記事みたいに長々と書くことになってしまうので、簡単にまとめます。
しかし、牛丼一杯を食べた話だけで1600文字も書いちゃう男のひとって、世間的にはどうなんでしょうね?
閑話休題。
その友人ですが、最近使っていたiPhoneを落としてしまって、ソニエリのXperiaに買い換えたそう。
そうすると、SIMカードを再発行するためにTrueのカウンターに行ったそうです。
【1回目】
友「iPhoneからXperiaにケータイ変えたからSIM再発行して」
T「おk」
友「あ、そうだXperiaってTrueもサポートしてるよね?」
T「Xperiaですね。サポートしてますよ
友「じゃあ問題ないですね」
新しいSIMをゲットして友帰る。……が、一般の電話回線は使えるものの3G回線が使えない。再びTrueへ。
【2回目】
友「ねぇ。3Gが全然使えないんだけど?」
T(別のスタッフ)「あ、それは当たり前ですよ。うちXperiaサポートしてませんし」
友(てめー前は使えるって言ってたろうが!)「じゃあどうすればいいんですか?」
T「ほかの電話会社に乗り換えていただくことになります。AISだとXperiaサポートしてますよ」
友「はぁ。番号そのまま使いたいんだけどMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)制度利用できます?」
T「いいですよ。じゃあ、手続きしておきますね」
~手続き~
T「これでTrue側の手続きは終了したので、○日以降にAISに行って手続きしてください」
友「おk」
【3回目】
友「こんにちは~。Trueから番号移しにきました」
A「あ、じゃあこの書類に記入してください」
~カキカキ~
友「できました」
A「じゃあ、情報を紹介しますので少々お待ち下さい」
~20分経過~
友(なげえよ。待つの飽きた……)
A「友さん、カウンターまでお越しください」
友「やっとか。はいはい」
A「友さん、Trueで登録されている個人情報と書類の情報が一致しないんですけど。このままではAISのサービスを開始できません」
友「え、だってパスポート番号も名前も住所もぜんぶ一緒ですよね? どこも変わってないはずなんですが」
A「そうなんですよ。どこが違うのか私たちも分からないんです。ちょっとこの書類を持ってTrueに行って、どこが違うか確認してくれませんか?」
友「またTrueに行くんですか?」
A「はい。個人情報なので本人の目の前で参照してもらうことになってます」
友「(しぶしぶ)分かりました」
【4回目】
T「え、登録情報のどこが違うんですか? 一緒じゃないですか?」
友「いやでも違うって言われたし……」
~ほかのスタッフも出てきて3人くらいで悩むことしばし~
T2「あ! この名前の大文字小文字が違うんじゃない? うちは全部大文字だけど、AISのは頭文字だけ大文字になってる!」
友「え、そんなことで承認してもらえないの?」
T2「すみませんけど、AISに行って全部大文字でやってみてください」
【5回目】
A「あれ……全部大文字でも通りませんね。どうしてだろ?」
友(この時点でブチ切れ)「そんなの知らないですよ。パスポート番号も名前も合ってるんだからAISに切り替えてください!」
A「いや、そこは決まりなので……。あ、もしかしたら敬称が『Miss』か『Ms.』で違うのかも? すみませんが、もう一度Trueに行って……」
友「お前ら客商売やってるって自覚はあんのか!?」
タイスキやけ食い←今ココ
細部はちょっと違うかもしれませんが、おおよそこんな流れでした。
MNP制度の話が出てきたあたりからこの流れは予想がついたのですが、さすがタイ。タテ割りすぎて柔軟性がまったくない……。
あと、プリペイドが主流で携帯番号をしょっちゅう変えたりする人も多いタイでは、MNP制度の利用者自体が少なくて、スタッフも慣れた対応ができないってのも今回のトラブルの原因になったのかも。
しかし、「Miss」か「Ms」を確認させるためだけに客を歩かせるか、普通?
その友達はいまだにAISでの3G回線が使えていないそう。
タイのMNP制度、よっぽどのことがなければ使わないほうがよさそうです。
あと、スマートフォンを買い替える場合は、買う前に、その機種が自分のキャリアに対応しているか調べた方がいいのかも。

ちなみに、この登録情報以外にも
A「Trueの請求書を持ってきてって前に言ったでしょ」(言ってない)
A「あ、ワーパミ持ってくるのは次回でもいいですよ」(次回持っていった時に軽くイヤミを言われる)
などなど、なかなか素敵な対応を取ってくれたようです。
ううむ。僕はセントラルワールドのAISを何度か利用してるし、
iPhoneもそこで買って丁寧かつ素早い接客に感動したくらいなんだけど……やっぱり場所とか担当者によるのかね?
※冒頭の写真はタイスキの後に行ったSkytrain Jazz Bar@ランナム通り。
「水は引いた。急いで愛しあおう」ってメッセージです。