【タイ洪水】応援ソングその4 Bodyslam「ドゥアイ・カン」(一緒に)

ついにこのアーティストからも被災者応援ソングがリリースされました。人気・音楽性・ライブの質の高さ、どれをとってもタイの頂点に立ち続けているバンドBodyslamにより応援ソング、まずはお聴きください!
■Bodyslam「ドゥアイ・カン」(一緒に)


この静かに訥々と歌いあげる感じがとても沁みますね。この曲はBodyslamのボーカルToonが作詞・作曲をし、兄弟バンドBig AssのギタリストAofが編曲などで協力してます。


この曲はチャリティー・ソングで、携帯電話で「*1232711」にかけるとダウンロード(有料)でき、その売り上げがすべて被災者のために寄付されます。
これまでに紹介した応援ソングも、だいたい同じシステムで寄付できるようになっているはず。
とりあえず、タイ語の歌詞をだーっと訳してみました。相変わらずテキトーな意訳がところどころに入っているので、「おおよそのニュアンスはこんな感じなんだ」くらいで読んでいただけると幸いです。
Bodyslam「ドゥアイ・カン」(一緒に)
おかしい…これまでの人生、数えきれないほどさまざまな状況に僕は遭遇してきた
どれだけ疲れ果てていても 心のなかでは考え続けていた 命がバラバラに砕け散りそうになっても
でも、結局は今日まで生き抜いてきたんだ
どれだけ目を瞑っても泣いている 暗く沈んだ心 そしていつまで我慢し続けなければいけないのだろう
どれだけ目を開いても君の顔が見える すると心が晴れる ただ僕らがお互いに支え合っていることを知るだけで
どれだけの日々がかかるとしても この道のりがどれだけ遠くても 僕らは手を取り合って行こう 一緒に行くんだ
この原因そして結果は 数えきれないほどの状況をもたらした がらりと変えてしまった
どれだけ良く、そして悪くなろうと どれほどの痛みがあろうと 希望はまだ砕け散ってはいない
そして、最終的に僕たちは知るだろう 意味のある人生の道のりとは何かを
たとえるならこの世界は人生の教室 休み、考え、試し、学ぶことができる
明日がある 見つめ合い続ける僕たちがある 果てなく遠い道のりを 僕らは手を取り合って行こう 一緒に行こう
乗り越えてゆくんだ 一緒に
時にはこの世界がとても残酷なものに見えるかもしれない 心が望まないようになった日には
君が僕といて 一緒に歩いて行く 果てしなく遠い道のりを 手を取り合って そう、一緒に