大使館からのお知らせ(降雨・洪水に関する注意)‏

在タイ日本国大使館から緊急一斉メールが届いたので転載します。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
タイ在留邦人の皆様へ
                【大使館からのお知らせ】
                                  緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
        バンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起
               (2011年10月28日現在)

28日午前、チャオプラヤー川の増水と潮位の影響で、プラカノン区にあるプラカノン運河の一部が損壊したことにより、同区の一部(スクムビット・ソイ50周辺)において冠水被害が発生しました。


プラカノン運河の損壊は、その後、修復されましたが、29日、30日とタイ湾の潮位は引き続き高い傾向にあります。チャオプラヤー川その他の河川・運河などの増水に警戒してください。
(参考1)タイ湾の満潮時刻(予報)
29日(土) 07:30頃~10:00頃  
       17:30頃~20:00頃
30日(日) 08:00頃~10:30頃
   18:00頃~20:30頃
○潮時表サイト
(月単位のグラフ:10月)

(3日程度のグラフ)
(類似の別サイト:上記サイトと潮時データが一致)
(参考2)25日付の「大使館からのお知らせ」のとおり、インラック首相は「最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水
位が予想を超えるような場合、バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メ
ートルとなると見込まれる。」との声明を発表しております。同様に、オンライン版バンコクポストは、「最悪のシナリオ」として
チャオプラヤー川沿いで1~2メートルの浸水を想定しているとの学識者の見解を示すとともに洪水被害が予想される地
区ごとの具体的な水位を示しています。

http://www.bangkokpost.com/flood2011/

(参考3)日本大使館では、洪水被害関連の最新の情報を、Twitterおよびホームページに掲載しています。こちらも参照してください。
○在タイ日本大使館Twitter
○在タイ日本大使館ホーム・ページ、「タイ洪水被害関連情報」

http://www.th.emb-japan.go.jp/

在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517