スカっと晴れてました@バーンサレー

bang salay01
先週の土日は会社の慰安旅行でバーンサレーへ行ってきました。
バーンサレーというのはパタヤの南にある小さな港町。ここから漁船が発着したりローカルなビーチがあったりするため、タイ人やパタヤの喧騒に飽きた西洋人リピーター、釣り好きのタイ人や日本人などで少しだけにぎわっている町です。
連日のように暗雲立ちこめ、豪雨が降り続いていたバンコクを抜けてチョンブリー県に入ると、雨雲がさっと消えて嘘のような晴空が広がっていました。


夕方はビーチまで歩いて行ってプチ運動会。3人4脚とかお菓子食べ競争で盛り上がりました。
bang salay02
このバーンサレーでは浜辺にビーチチェアではなくゴザが敷いてあって、その上で酒を飲んだり食事したりできます。ごろっと寝転ぶには向きませんが、パタヤとかバンセーンとは違った趣があります。
bang salay03
その後、泊まっているホテル併設のレストランにて食事。パンチの利いたシーフード料理が多かったです。
bang salay04
そして、慰安旅行恒例の6時間耐久エンドレス酒盛りに突入。酒盛りの写真は倫理上公開できませんが、スタッフ数人はそんなにジャンプしたら床が抜けるんじゃないか、と思うほど踊り狂ってました。
翌日は早起きして港町を散策。よく見て回ったら、6年くらい前に一度来たことがありました。
bang salay05
広々とした青空を眺めながら桟橋を歩くだけで気分が晴れ晴れとしますね。
bang salay07
ちょっと大きめの観光船も停まっていて、見ていると西洋人が次々と乗り込んで行きました。どこに行くんだろう?
bang salay06
タイの漁船はボロいのが多いですが、とにかくカラフルです。
ひと通りぶらついた後は、再び宿に戻ってムール貝をつまみにビールを飲みつつ読書。
チェックアウトした後はパタヤのアウトレットモール&バンセーンのシーフード食堂に寄って帰って来ました。
2日連続早起きしたり、ずっと酒を飲んでたりしたのが利いたのか、部屋に戻った後は倒れ込むように就寝。結局、晩飯も食わず、12時間連続で眠ってしまいました。おかげで今日は一切眠くなることもなく、普通に仕事できてます。