大使館からのお知らせ(降雨・洪水に関する注意喚起)

在タイ日本国大使館から緊急一斉メールが届いたので転載します。
北中部の洪水、今年は本当に大変なことになっているようで、
ツイッターを見ていると、アユタヤの重要な遺跡・寺院が水没したり、
工場が浸水して機能不全に陥ってしまったりと、具体的な被害が次々と報告されるようになってきました。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
タイ在留邦人の皆様へ
          【大使館からのお知らせ】
                                緊急一斉メール
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
   タイ北中部及びバンコクの降雨・洪水に関する注意喚起
           (2011年10月5日現在)


1 報道等によれば、タイ北中部の広い地域において、河川の氾濫、土砂災害、冠水被害等が発生しており、アユタヤ県内においては豪雨による洪水被害で世界遺産に登録されている歴史的寺院が危機的状況にさらされております。
その中、台風「Nalgae」は、ベトナムの北部に到達し、その後ラオス及びタイ(東北、中・南部)方面に向かうと予想され、今週末まで同地域を中心にまとまった降雨量が予想されております。
2 バンコク都内においても、チャオプラヤー川及び運河の水位が上昇しており、一部の地域においては冠水被害が発生し、北部に向かう列車の一部には運行を見合わせているものもあります。
3 つきましては、タイ北中部地域に在住されている皆様は、河川の増水や山麓からの濁流等に引き続き十分な警戒を払ってください。また、バンコク在住者及び渡航者にあっては、チャオプラヤー川及び各運河の増水による洪水に十分注意してください。なお、今後の気象情報に留意してください。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511