ひさびさのパブ強化週間。Sote編

sote01
でもってパブ強化週間の締めくくりはこちら。ラチャダー・ソイ4の「Sote」です。
この日は土曜日で、しかも午後10時半から飲み始めるってことで、激混みが予想されるトンローは避けてラチャダー・ソイ4に行くことに。土曜日にトンローのパブに行こうと思ったら午後9時には入店してないと場所が取れません。
当初は僕の大好きなバンド「Feel Out」が演奏している「SNOP」に行こうかと思ったのですが、その隣の「Sote」もなんかいい味を出していたので入ってみました。


■Sote(ラチャダー・ソイ4)
店名の「Sote」はタイ語のソート(独身)という意味。そういえば昔『独身倶楽部』なんてアメリカ映画がありましたね。観たことないけど。
このお店、なかなか豪華です。ベルギービールの生を置いていたり、敷地内に噴水があったりとハイソ志向。いや、ラチャダーにある時点で「なんちゃってハイソ」なんですが、この界隈にあるパブの中では一番高級感があります。
店内はステージに向かって左右に広く、ステージ向かって左端が一段高くなっている造り。壁や天井はほぼ全部真っ黒で、所々に木を使ってアクセントにしています。
この造り、なんか昔よく行っていた「Booze」「ナンレン」を組み合わせたような感じです。もしかしたらナンレンとオーナーが一緒なのかも? 店名もタイ語だし、ロゴのデザインもなんか似ているような気がするし。
10時半すぎに入店したわけですが、「ほぼすべてのテーブルが埋まっている、けれど探せば空きがある」「そこそこ踊れるスペースがある」程度の客の入り。
ただ、テーブルの置き方が雑なせいで店内の動線が悪く、トイレに行き来する際、どこをどう移動していいのか分かりませんでした。
小太りの店員さんがかなり一生懸命空きテーブルを探してくれたおかげで、ステージにそこそこ近い場所をゲット。ここ、店員のノリがけっこういいです。
違う店員3、4人に注文しましたが、サーブまでの時間が短い上、サーブした後に客と一緒に踊ったり、「何人で来てるんですか?」「男だけだったら寂しいでしょ? 隣の女の子に声かけてあげようか?」と声をかけてきたり。客と一緒にこの場を楽しもうとしてる感じで好感が持てます。
が、その一方で20B以下の小銭のお釣りを持ってこない、ということが一度ありました。
でもってバンド。今回も2組観たわけですが、酔っぱらいすぎたせいで、正直2組目は記憶にございませんw 写真は1組目で、バンドメンバーが6人とかなり多め。男女のツインボーカルなのが特徴ですね。
え~、この人たち、演奏はなんだかいまいちなのですが、選曲が面白かったです。ひと言でいうとすごくチェンマイっぽい。ほかのパブバンドがあまり演奏しれない曲をうまく組み合わせて盛り上げてくれます。
客層もおそらくミドルクラスの大学生が中心なせいか、ノリがかなりいい! みんなで歌って盛り上げる感じがこれまたチェンマイっぽくてよかったです。

ちなみに、このバンドが歌っていたのはこんな曲。
■Olive「ヤン・ソート」(まだ独身)


■Yokee Playboy「イム」(微笑み)

■Joey Boy「ローイ・タレー」(海に流す)

そんなこんなでメロンメロンに酔っ払ったご一行は近くでカオマンガイ食べて帰ったのでした。