困っちゃうな~アソコがかゆいのよ~♪ 最近大ヒット中のお下品ソング。TURBO MUSIC「カン・フー」(耳がかゆい)

昨日は絶大な人気を誇るイケメン・バンドを紹介したので、バランスを取るためにも(?)、今日はとっても下品な女性ボーカルの曲をご紹介します。
こないだの「ディアオ9」でウドムがネタにしてたこの曲。
最近、Youtubeでタイ曲を視聴すると、関連動画の欄にこのMVが必ず登場するのですが、いまそんなに流行ってるんでしょうか?
■TURBO MUSIC「カン・フー」(耳がかゆい)


動画を見れば、これがとんでもなくエロい曲なのは分かりますが、いったいどんな事を歌ってるんでしょうか? 歌詞を適当に訳してみたので、気になる方は「続きを読む」をクリックしてご覧ください。


以下の翻訳は、歌詞を適当に抜粋したもの。
TURBO MUSIC「カン・フー」(耳がかゆい)
あ~ん、耳がかゆい
一体どうしちゃったの?  綿棒でクリクリしてもぜんぜん治らない
本当にかゆいの 中の方がかゆいの 耳がかゆいときはいつでも掻いちゃう
シャワーを浴びて頭を洗った時に水が入っちゃったんだわ
だから私、いい綿棒を持ってきたの
綿棒で水分を吸い取って乾かしても まだまだかゆい
いつも耳がかゆくって いつも鳥肌が立っちゃう
ねえお母さん、ちょっと薬持ってきて
持ってきてくれなきゃ ずっとかゆいままでいないといけない
子供の頃はこんなにかゆくならなかったのに
年頃の女の子になってからかゆくなりだした
ちょうど2、3前からよ こんなにかゆくなったのは

動画の方をご覧になれば丸分かりですが、ここでいう「耳(フー)」は本当は耳のことではありませんね。タイ文字で同じ子音を使う別の部位のことを指しているわけです。
しかし……まあ本当にお下品!なこの曲ですが、相当流行っているらしく、「ディアオ9」で出てきた時も爆笑の嵐が会場を包み込んでいました。
たぶん、エッチな方のカラオケとかゴーゴーでこのネタを使うと、夜の女の子に大受けするんじゃないでしょうか?(受けなくても責任は取りません)
ちなみに、YoutubeにはこんなMAD動画(という呼び方でいいのかな?)もいくつかあったりして、この曲の関連動画の再生数を全部合わせたら500万回くらいは再生されてるんじゃないでしょうか?
■韓流アイドルバージョン