被災地へ音楽を。「Green boys Project」にタイも参加!

「顔出しなし、メンバーが全員歯科医」というプロフィールで知られる日本のバンド「GReeeeN」ですが、実は、彼らは福島出身で、現在も福島の沿岸部で暮らしているそう。
そんな彼らが被災地の人々に音楽を届け、音楽で人々の気持ちをほぐそうと立ち上げた「Green boys Project」にタイのアーティストも参加しました。
そのプロジェクトの一環として、各国のアーティストがGReeeeNの新曲「Green boys」カヴァーしているのですが、タイ国政府観光庁の支援の下、そのタイ語バージョンが制作されたとか。
制作には前の記事にも出てきたSODF(SO::ON Dry Flower)がコーディネートとミックスで協力、ボーカルには「タイのドラえもん」として親しまれるやさしい声の持ち主Boy Traiと、迫力ある巨漢ラッパーFukking Heroの2名が参加しています。
タイ語バージョンはこちらから聴けます。
■Green Boys from Thailand : GReeeeN, Trai Bhumiratna and Fukking Hero


Boy Traiの声質のおかげか、オリジナルの日本語の歌に比べると、より一段とやさしく癒されるような曲に仕上がっているような気がします。
オリジナル・バージョンはこちらから聴けます。
■GReeeeN / Green boys 5カ国語歌詞付き


この曲が、今も厳しい生活を送っている東北の人々、そしてタイ南部の洪水の被災者の皆さんに届きますように。
ちなみにBoy Traiは震災発生後すぐにチャリティソング「ガンバッテネ・スー・トー・パイ」に参加したり、チャリティ・イベントを開催したりと、日本のためにいろいろと動いてくれています。ありがたい事です。
■3AM「ガンバッテネ・スー・トー・パイ」