ハングオーバー!@ MUSIK FEST

muisik fest01
土曜日の夜は、予想よりも早めに仕事が終わったので、GTさんとYちゃんを誘って3人で「MUSIK FEST」へ行ってきました。このイベント、普段は都合が合わずに見送ってばかりだったので、行くのは本当に久しぶり!
会場のJJモールには夜9時前に到着。この会場に来るのは初めてだったんだけど、入り口がよく分からなくてちょっと戸惑う。
なぜかというと、ショッピングモール部分の営業時間が終了していて、会場に一番近い1カ所以外の出入口がすべて閉まっていたから。
「入り口発見→ダーって駆け寄る→自動ドアが開かない→中に居た警備員に軽く睨まれる→しょんぼり→気を取り直して次の入り口を探す」という虚しいピタゴラスイッチを三回ほど繰り返し、ようやく正しい入り口を発見、すぐにエレベーターに乗って6階へ。
入り口でIDナンバーと携帯電話をメモられ、1人あたり100Bなりの入場料(やすっ)を払って会場へ行くと、すでに会場は酔える若人たちで満杯でした。


前の記事には「イベント名にSan Miguelって付いてないからスポンサー降りたのかも」って書きましたが、実際はスポンサーのまま。会場に入ると、至るところでビールを売ってます。しかも、5缶で150Bというお手頃価格。
コンサートの合間にはちょっと可愛いSan Miguelのキャンペーンガールが缶ビールをもって客の間を縫うように売り歩きます。
これは酒飲みにとってはありがたいだろうな~。自分はそんな飲まないから関係ないけど。と思いつつ、客を縫ってフロアの前の方に進みました。
で、ステージまで程良く、San Miguelのブースが近い辺りに陣取ってライブを観ることにしたのですが……。今思えば、この場所取りが間違いの元でした。
到着時にライブをしていたのは昨年デビューしたばかりの新人バンド「Better Weather」
個人的にこの人たちの曲は好きなのですが、まだまだライブ慣れしていないせいか、ライブ・パフォーマンスの方は一緒に行った二人が「これ、学園祭?」と思わず口にしてしまうレベル。
ボーカルも、キノコ頭でふにゃふにゃした動きのもやしっ子というかエノキっ子でなんか、「ナンダカンダ」の藤井隆から動きのキレを完全に取り去ったよう。
来ているタイ人もあまり知らないせいか、会場のノリもいまいちでした。
(とはいえ、いい曲を出してるし、それなりにファンは居ましたが)
曲は悪くないんだけどなぁ。
ライブがいまいち盛り上がらない、目の前には可愛いお姉さんがビールを売っている、しかもビールが安い、となると……あとはお分かりですね?
それが起こったのは2本目の缶ビールを一気に飲み干した時。映画『ハングオーバー!』もしくは『ハングオーバー!!』を見たことがある方は、作品中で皆が1杯目を飲むシーンを思い浮かべてください。
よく分からないですが、どこかのスイッチが入っちゃったんでしょうねぇ。
なんだか無性に楽しくなってきちゃいました。
ライブはほとんどそっちのけでビールを飲み、しゃべり、ライブが盛り上がった時だけ思い出したように踊るご一行。なぜか隣にいたタイ人男子やSan MiguelのPR会社の人とかを巻き込んでプチ宴会を催してしまった様子。
気が付いたら、足元には空き缶の小山が積み上げられ、ライブの方は終了。
会場には3時間近くいて、全部で4つのライブを見たはずなんですが、最初のBetter Weatherがあまり盛り上がらなかった事以外はほとんど覚えていません。
唯一覚えているのが、3組目に見たスカバンド「The Superglasses Ska Ensemble」がこんな格好で登場したこと。
muisik fest02
ハイ、ドラゴンボールZの戦闘服です。1曲目に歌うのは、もちろん「ヘッチャラ~」のスカ・バージョン。歌詞はでたらめだったけど、これには燃えたね!
そして曲の最後には元気玉!
muisik fest03
この時、元気じゃなくて記憶の方を吸い取られちゃったのかな~。
はっと気がついたらなぜか「アクア28」。そして時刻はなぜか午前4時。酔いつぶれて
帰ってデジカメをチェックしたら、撮った覚えのない写真が山ほどメモリーカードに入ってました、とさ。