明日は総選挙。こんなパロディもやってます。

天下分け目の下院総選挙もようやく明日が投票日となりました。
在住外国人にとっては「選挙=酒が手に入らなくなる日」もしくは「邪魔な立て看板のせいでタクシーやバスが捕まえづらくなる期間」という形で生活に密接に関わってくるわけですが、アルコール類の販売もすでに終了。次に販売されるのは週明け月曜日の午前11時となります。
(もちろん、こっそり酒を出す店も探せばあると思われます。コテコテの中国人がやっている中華料理屋とか、日本人しか来ないような居酒屋とかは売ってるかも。ちゃんと確認したわけじゃないので、売ってなくても当ブログは一切責任を負いません)
そろそろ腹が減ってきたので飯でも食いに行こうと思いますが、外出する前に選挙ネタをひとつご紹介。Facebookで流れてきたパロディ画像です。
今年公開されたタイのホラー映画『ラッダーランド』のポスターの登場人物を、各党の党首の顔にすげ替えてます。
higazine senkyo
タイには『ヒ』というギャグ本があるんですが、この画像はその表紙なのかな? とにかくそこの編集部が作った画像のようです。ちなみに、「ヒ」はヒヒヒという笑い声の「ヒ」で、定期的に単行本を出しているんですが、若いタイ人にけっこう人気のようです。
手前の左は民主党のアピシット首相。元々の映画の俳優さんもアピシット首相に似ていたりします。
右側は強烈なデザインの立て看板で街の風景をにぎわせているラック・プラテートタイ党のチューウィット氏。ダブルピースではしゃいでる姿が、街なかの看板の「ふざけてんの?」と聞きたくなるようなデザインとダブります。
後段の左はおそらく、民主主義市民連合(PAD)幹部のソンティ氏。アピシット首相に肩車している=かつて民主党と協力関係にあったことを示します。最近は仲違いしたみたいですが。
後段右手は、選挙後にタイ初の女性首相に就任するのでは、と目されているプア・タイ党(タイ貢献党)のインラック女史ですね。
でもって、バックの看板には「VOTE NO(ノーに投票を)、動物を国会に送るな」という動物の立て看板が話題になった黄服=民主主義市民連合(PAD)が幽霊となって腰掛けています。選挙の結果によっては、今後この人達が激しいデモ活動を行なって、タイの国を政情不安(恐怖)に陥れるかも? という不気味さが幽霊っぽいです。
ちなみに元ネタとなったポスター画像はこちら。
higazine senkyo02
この作品はまだ観てないのですが、もしかしたら作中のキャラクターとかにもうまく引っ掛けたパロディになっているかもしれません。
タイの風刺画やパロディって、風刺・皮肉のセンスが日本人と違うせいか、うまいと思える風刺画にはなかなか出会えないんですが、このポスターはなかなかいい出来だと思ったので紹介してみました。
さて、空腹も限界に近づいてきたので、そろそろ飯を食いに行ってきます。
しかし、週末のディナーなのに酒なしって、何を食えばいいのやら……。買って帰って家で飲みながら食べるのも侘しいしなぁ。