意外に熱いぜ! 最強馬力イサーン・ファンク!!「ZudRangma」

土曜日は夕方から北海道人会「ジンギスカン大会」に出席。ニュージーランド直輸入のラム肉と北海道直送のタレを使った豪勢なジンギスカンを堪能しました。札幌で下手な店入るよりうまかった!
でもって、用意された肉をあらかた食い終わった頃、友達から夜遊びのお誘いが。少し検討した結果、この日はちょっと前にRCAにオープンした「Mello Yello」と何やらイベントをやるらしい「Cosmic Cafe」に行くことになりました。
まずは「Mello Yello」。以前はロック中心のライブハウスだった「Overtone」が大幅に改装して今のお店になったもの。
Mello01
現在は「Jazz & more」と看板に小さく書かれており、ジャズをメインにしつつも、ファンクやR&B、エレクトロニカといった音楽のライブをやっています。
ビアシンがスポンサーになっている所は変わらず、全体的にちょっと黄色っぽいです。
内装はこんな感じ。
Mello02
「あれ、こんな広かったっけ?」といちばん最初に思ったくらい、前の「Overtone」の時に比べると広々とした感じです。実際には2階のフロアを少し削って吹き抜け部分を広くしただけだと思いますが、受ける印象はそれ以上に広くなった気がします。
家具も全とっかえしてソファー席も設置。より落ち着いた感じになりましたが、個人的には前の店のままでいて欲しかった……。
お店のFacebookに載っていたスケジュールでは、地味ながらも海外でライブやったりしているMellow Motifが演奏する日だったのですが、ステージにいたのはどうも違う感じのバンド(ボーカルがお休みだっただけかも)。とりあえず、バンドの演奏が終わるのを待って、次の店に移動しました。
次は同じRCAにある「Cosmic Cafe」へ。お目当てはここで開催される「ISAN DANCEHALL 2」というクラブ・イベント。「ZudRangma Records」というインディーズ・レーベルが主催しているイベントで、タイトルから分かるとおり「イサーン音楽で踊ろうぜ!」というもの。1回目を3月に開催して、今回が2回目となるようです。
ZudRangma2-01
この「ZudRangma Records」はモーラムやルークトゥン、伝統音楽といったタイならではの音楽、タイ人の心のルーツとなっている音楽の良さを「再発見」しようとMaft Saiというタイ人DJとChrisが中心となって2007年に立ち上げたレーベル。
僕も最近知ったばかりなのでよくわかりませんが、自ら探し出してきた古いタイ音楽の音源の中から、いまの若者が踊れるようなものを選曲したり、踊りやすいようにミックスしたりして提供する……というレーベルなのかな? 
ちなみに「ZudRangma」というのは「スット・レーン・マー」と読みます。意味は「最強の馬力」。このネーミングセンスもちょっとイサーンぽいですね。
肝心のイベントはというと、かなりの盛況でした。お客の6~7割くらいがこういうDJクラブイベントに敏感そうな在住西洋人で、残りがタイ人といった感じ。僕ら以外にも何人か日本人が来ていたみたいです。
店内はこんな感じ。
ZudRangma2-02
モーラムっぽい手つきで西洋人のおっちゃんたちが踊ってました。そんな西洋人を眺めながらベルギービールを飲んで、コームーヤーンに舌鼓を打つ日本人……。イサーンと西洋&東洋が交錯する、なんだか不思議な空間でした。
最初、「普段モーラムなんて聴かない僕にはどうせ踊れないだろうし、話の種だと思って行ってみるか」と軽い気持ちで行ったのですが、意外や意外。周りもけっこうノリノリだし、選曲とかミックスもなんか踊りやすい感じ。盛り上がってくると、さらに踊りやすい洋楽のファンクの速めの曲に切り替わったもして、想像以上に楽しめました。
ちなみに、3月に行われたこのイベントの様子をYoutubeで見ることができます。


このZudRangma Recordsについてもっと知りたい! って方は、レーベルの公式サイト『ソトコト』のこちらの記事をご覧ください。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン