爆音疾走ジョイ・ライドッッッ!!! Neung Jakkawal @ Saxophone

なんだか波紋を使った技(しかも第2部に出てきそう)みたいなタイトルですが、この記事はJojoとは何も関係ありませんので悪しからず。
タイでは日曜がメーデーでお休み。さらに月曜も振り替え休日ってことで2連休となっております。昨日、日曜日は日本から来た友達&そろそろ駐在期間が終わって帰国する友達とサイアムの「バーン・クンメー」でディナー。
観光客向けの超ベタな店ですが、友達の「グリーンカレー食べたい」というリクエスト、僕の「近いし用事もあるし、サイアムら辺に行きたい」というニーズに確実に応えられそうな店がここだったので。
ちょうど夕飯時の「バーン・クンメー」は、予約席を除いてほぼ満席。さらに10人以上の外国人観光客が入り口で列を作っていたので、諦めて別の店にしようかと思いました。僕、レストランとかで並んで待つのが大嫌いなんです。
が、友達の一人が「ほかに行く前にどれくらい待つかだけ聞いてみようよ」と店員にタイ語で「5人ですけど、どれくらい待ちます?」と聞いたところ……。
「ダイ・ルーイ!(OK!)」と言って、僕らの目の前に並んでる10人以上をすっ飛ばして客席に案内してくれました。やっぱタイ語だと優待度が高くなるんでしょうか? なんか、ちょっと新鮮な体験でした。っていうか、並んでる客の「なんだよコイツら」って視線が少し痛かった……。
でもって、食事の後はいったん解散。そのまま帰ろっかな~と思いつつもなんだか飲み足りなかったので、別のお友達と「Saxophone」へ。ここ、日曜日はNeung Jakkawal(ヌン=ジャッカワン)というキーボードのめっちゃうまい人とそのバンドが深夜12時から演奏しているのです。
「Saxophone」のトリのバンドはだいたい午前2時すぎ、盛り上がっている日は午前2時半くらいに終わるので、翌日仕事のある日はかなり気合いを入れないと行けないわけですが、月曜が休みの今回はまたとないチャンス! ということで行ってきたわけです。
このNeung Jakkawalという人、今まで2枚アルバムを出しているのですが、かなり硬派かつ激しいジャズをやっていて、個人的には非常に気になっていたジャズ・ミュージシャン。ライブを見るのも今回が初めてで、めちゃくちゃ期待を高めて行ったわけですが……。
これが、めちゃくちゃ良かった!
期待を遥かに超えるくらいのノリの良さ!

スポーツカーが何台も連なって爆音で疾走しているようなスピード感があります。
店内には騒音計があるのですが、激しいナンバーになると、曲をやってる6分以上の間、ずっと100デシベルを下回ることがありません。
もちろん、うるさいだけじゃなくて、客にちゃんと聴かせる、踊らせる、楽しませる! ずっと踊ってる姉ちゃんがいたり、酔っ払って椅子から転げ落ちるデブ(僕じゃないですよ)がいたり、「音の祭りじゃワッショイ!」という感じの一体感のある盛り上がりっぷり。
これは翌日仕事があったとしても、無理して行く甲斐のあるライブといえます。
デジカメを持たずに行ったので昨日の写真はありませんが、2月のライブ動画がYoutubeにアップされていたので参考までに。この中央にいるボーカル2人もなかなかの力量でした。
特にGong(男)はゲイパワー炸裂って感じでパフォーマンスも面白い!
■Rude Boy by Neung Jakkawal feat. Nok and Gong KPN, The Universe Band


この動画タイトルにある「KPN」というのはタイ全国に展開している大きな音楽学校の名前。音楽レーベルとしての活動もしていて、Neung JakkawalETC.のアルバムはこのKPNから出ています。
中央で歌っている2人は、たぶんKPNの2009年の卒業生かな?
最近ではDa Endorphineがゲスト出演したみたいです。この組み合わせは超貴重かも?
■What’s Up by Neung Jakkawal feat. Da Endorphine

ちなみにこの記事のタイトルの「Joy Ride」ってのはこんな曲。彼の代表曲の一つです。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン