今年の夏休みは福島に行こうかな?

おはようございます。連休最終日の朝、起きるなりこの動画観てしまって、せっかくの正月連休をバンコクでだらだら食いつぶしたのを軽く後悔中です。やべぇ、福島行きたくなった!
■福島が好き


時事通信の記事によると、当の福島は原発から90km離れた観光地でも観光客が激減して苦しんでいるそう。
———————————————-
90キロ離れても「客はゼロ」=記念館、鍾乳洞、沈む観光地-福島
 地震、津波、原発事故と「三重苦」の事態が続く福島県。例年なら春休みシーズンでにぎわうはずの観光地は大きな打撃を受けている。「原発はいつ落ち着くのか」。観光客を受け入れる地元関係者は、いら立ちと不安を募らせている。
 猪苗代町の野口英世記念館は、建物被害もなく1週間で営業を再開した。しかし、年間23万人を数える客足はピタリと止まり、来館者は「ゼロに等しい」(八子弥寿男館長)。原発から90キロ離れているものの、八子館長は「水も空気も大丈夫なので安心して来てほしいが、この状況はしばらく続くのではないか。できればゴールデンウイークまでには原発が落ち着いてほしい」と沈んだ声で語った。
 年間30万人が訪れる田村市のあぶくま洞。地震発生時、洞内に観光客はおらず、係員2人にけがはなく、鍾乳石1カ所の先端が折れるなどしただけで済んだ。しかし、道路が通行止めとなり営業休止に追い込まれ、ゴールデンウイークの再開も難しい状況だ。あぶくま洞は原発30キロ圏外にあるが、管理事務所の吉田典良所長は「市全体が屋内退避圏だと思われていないか心配だ」と話し、再開後の不安は払拭(ふっしょく)できない。
 映画「フラガール」の舞台となり、年間150万人が訪れるいわき市のスパリゾートハワイアンズでも再開時期は未定。建物被害は少なかったが、修繕費だけで数億円掛かる見通し。フラダンサー約30人の契約は何とか守ったが、契約社員約700人との雇用契約は3月末、更新しなかった。
 施設を運営する常磐興産の佐久間博巳・取締役営業本部長は「原発が落ち着き、家族連れが安心して来られるような状況はいつ来るのか」と途方に暮れた様子で話した。(2011/04/04-04:57)
元記事はこちら。
———————————————-
ほかのニュース記事を読むと、逆に「東京の福島」である福島のアンテナショップでは名産品がバカ売れしていたり、宮城県の学校が「修学旅行の行き先を福島に変えたい」なんて申し入れをしていたりもするようです。
江頭2:50も「スパリゾートハワイアンズが再開したら一番風呂入りに行ってやるからな!」って言ってたし、原発の状況が落ち着いたら、日本に空前の「うつくしま福島」ブームが到来するかも!?
ちなみに個人的な思い出をいうと、原発から60km離れた郡山に大学の保養施設(合宿所)があって、大学時代の夏は毎年5日間ほどそこで強化合宿を行ってました。朝6時に起きて精いっぱい掛け声張り上げながら合宿所の前で体操したり、近くの池の周りをランニングしたり。
今思うと、一人暮らしを始めてから、あれほど健康的に過ごした日なんて数えるほどしかないかも。いや、まったくない。
郡山の夏は東京とは比べものにならないくらい涼しいんですよね。合宿の詰め詰めスケジュールの合間の休憩時間に、部屋の片隅に畳んで重ねてある布団にもたれかかって、風鈴の音を聞きながら楽しんだ、ほんの束の間の昼寝がとんでもなく気持よかった事を今でも思い出します。
今でもこの合宿のことを思い出すと、甘酸っぱいような、恥ずかしいような感じ、要するに「青春」を思い出したときに込み上げてくるようなあの感触を胸に感じまくっちゃって、正直「おえっ」ってなります。思い出があまりにも多すぎちゃってさ。
あ~、今年の夏休みは福岡-福島の福福旅行でも楽しんでこようかな?
まぁ、それまでに交通機関はじめ各種インフラや原発の状況がある程度落ち着かなきゃいけないだろうけど。でもこんな時だからこそ、あえて言いたいね。「福島がおすすめ」って。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン