エアコンが壊れるとiPodの容量が大幅になくなる、という法則。

大変です。
先週の土曜の夜、「デブにとっての生命維持装置」ことエアコン様が壊れてしまいました。
僕の部屋のエアコン様は、おそらくアパートが建った時から現役で活躍されているので今年で勤続10年を迎える、いわばベテラン選手。
エアコンの寿命が何年なのか分かりませんが、ここ数年は年に2回の割合で故障しております。
暑さのそれほど厳しくない、いわばオフシーズンに壊れるところが「さすがベテラン!」といった感じなのですが、扇風機だけだとちと寝苦しいわけです。
ちなみに故障はそれほど酷くはないと思われます。
電源を入れると、冷えることは冷えるのですが、ときどき吐き出す冷気の量が全盛期の10分の1になってしまったり、稼動して小一時間するとボタボタと水が滴り落ちてきたりします。
水漏れそのものは、雨漏りした時のように床にバケツを置けば対処できるし、被害はないのですが、その水滴がバケツの底を叩く音が微妙に外れたリズムで部屋中に鳴り響くのが耳障りでたまりません。
まぁ、これくらいの故障なら、アパートの管理人にお願いすれば、その日のうちにでも電気屋を呼んで、すぐに修理してくれるはずなんですが、その前に一つ大問題が。
部屋が汚いんですよ、うち。
少々散らかってるくらいならいいんですが、棚に収まりきらなくなったCDや本がかなり散乱しています。
電気屋と管理人を部屋に入れる前に、この散らかった部屋を何とかしておかないといけないわけですよ。
ヤバイ、どんどん話が回りくどくなってる!
そうやって、エアコン様を修理するためにCDを片付けはじめたんですが、これが一筋縄じゃいかない! なんせ大量にあるから! うちのCDの在庫って、たぶん1000枚は軽くあると思うんですよね。
しかも、古い収納ケースの中を整理したりしているうちに、ハズレCDの中から懐かしい名盤が発掘されちゃったりするわけです。昔はあまり興味なくてとりあえず買っておいたけど、今は逆に聴いてみたいやつとか、一度に大量に買ったせいでまだ封も開けてなかったやつとか。
そうなると、その名盤をしまう前に「とりあえずiTunesに取り込んでおこう」ってなるでしょ? 名盤を収納スペースの奥底にしまいこんでも、聴きたくなったらパソコンで聴けるし。
で、封を開ける。外側のビニールを捨てる。CDをパソコンにセットしてiTunesに取り込む。昔のCDだから曲名が表示されなくて自分で打ち込む、MP3にするのに15分くらい待つ……という作業をしていると、ちっとも部屋が片付かないわけです。
で、結局iPod Touchの空き容量だけが着実に減っていっている今日この頃です。まぁ、部屋を片付けられない人の典型的なパターンに陥ってるわけですね。
これぞ「風が吹いたら桶屋が儲かる」の現代版。
僕はいったい、いつになったらご乱心したエアコン様を正気に戻すことができるのでしょうか? あと6GBくらい余っているiPod Touchが昔の音楽でパンパンになったときですかね?
まぁ、エアコンをあまり使わない生活は汗をかくから、いいダイエットになってるのかもしれませんけど。
そんな「風桶生活」の中、昨日PCに取り込んだ名曲がこちら。やっぱり何度聴いてもいいねぇ。
■China Dools「ムアイニカ」(一重まぶたの中国娘)


タイに初めて来たときに聴いてハマった曲のうちのひとつ。
僕は中国を1カ月半旅行した直後にタイに来たので、中国語混じりのこの曲が特に強く印象に残ってます。ちょうど1stアルバムリリースした後だったし。
■サーイ・ジャルンプラ「サーイ・ロム・ティー・ワン・ディー」(希望に満ちた風)

■アナン・アンワー「タルン」(しびれる、気が遠くなる)

2001~2002年くらいのディスコではこのダンスをみんなでしてたんだよね、たしか。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン