ダメだ……。何度聴いても切なくなってしまう。

なんでだか分からないけれど、何度見ても切なくなってしまうMVがあります。そのMVとはこちら。2002年にデビューしたMr.Sisterのこの曲です。
■Mr.Sister「ジン」(本当)

「今この世界をあなたが鮮やかに変えてくれた。あなたがこの世界が夢ではなく実在するものだって私に教えてくれた」って曲なんですが、このサビの部分の「ローク・ナイ・ワンニー~」ってところでいつもグッと来てしまいます。
そんな切ない歌詞じゃないはずなのに、なんでなんだろう? 単に切ないメロディーに乗せられてそう思ってるだけ?
それとも、背景に映っている2002年当時(つまり僕がタイに住み始めた頃)のサイアムの映像が「今はもう実在しない世界」だってことを、見るたびに実感してしまうから?
34歳のおっさんが全世界に向けてアイドルのMV見て「切ねぇ切ねぇ」と言ってるのも、ある意味相当切ねぇことですが……。まぁ皆さんには、この文章を書いている人のことは忘れて、この曲を聴いて味わっていただければ幸いです。
この「Mr.Sister」というのは、都会の若者に絶大な支持を得ていたレコード会社「Bakery Music」が1998年頃から2002年までやっていて、タイの音楽やファッションに多大な影響を与えたアイドル・レーベル「DOJO CITY」の最後、2002年にデビューしたアイドル・デュオです。
なんと2人ともわずか13歳。タイでもアイドルの低年齢化ここに極まれり! ということで、当時は話題になっていた記憶があります。
当時はCDは買ったものの、そんなに聴き込んではいなかったので、曲自体にはそんなに思い入れはないはずなんですけどね。
ちなみに、歌詞の意味はだいたいこんな感じ。分かりやすくするために少し言葉を補っています。
実際にいるのか知りたい 私が夢に見続けて来たあなたが
あなたに出会えるのか知りたい
この世界をどの日々よりも鮮やかに変えてくれたあなたに
そしてあなたに会って近づけば近づくほど
あなたは私に教えてくれるの
すべての物は本当に実在して決して夢なんかじゃないことを
そして私に起こったすべての出来事が幻じゃなくて本当だってことを
あのあなたが本当にいる あなたはもう決して夢なんかじゃない
今この世界を あなたはがらりと鮮やかに変えてしまった
素晴らしく より鮮やかに 今までのどの日よりも
そしてなにより最高なのは あなたに出会えているということ
そして私が夢見続けてきた事が 現実に変わったということ

なんかこう、「世界が本当にあってよかったな、お嬢ちゃん!」と声をかけてあげたくなる感じです。
ちなみに、Mr.Sisterの曲でいちばんヒットしたのはこの曲。「Agadou Dou Dou」って曲のタイ語カヴァーです。
■Mr.Sister「アー・マー・ドゥ」(うるさいママ)

この曲を聴くとなぜか2002~2003年頃の「Speed」と「Route 66」を思い出すんだよね。その頃はそんな頻繁に夜遊びしてなかったし、実際にその見せよく掛かってたのかどうかよく覚えてはいないんだけど。僕の中ではそんなイメージ。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン