「世界を想え」ってことか!? Bodyslam「キット・ホート」

今日は忙しいのでプチ更新。「クラーム」(藍色)、「クワーム・ラック」(愛情)に続くBodyslamのニューアルバム「クラーム」からの第3弾シングル「キット・ホート」のMVがYoutubeで公開されていたのですが、これがまたかなりカッコいい。
モーラム界のベテラン、シリポン・アムパイポーンと共演したこの曲、最初聴いたときは「なんかダッセェ!」という第一印象だったんですが、何度か聴くうちにじわじわと良く思えるようになって……それでもまだ「ちょっといいかな」くらいの印象でした。
それが、このMVを見た瞬間、印象が一気に急変。それまで平凡にしか思えなかった曲が、ザクっと心を抉られるような感じで刺さって来ました。これはニュース映像のもつ力なんでしょうか? それとも、僕が今まで間違った聴き方をしていたからなんでしょうか? なにはともあれまずはご覧ください。
■Bodyslam feat. シリポン・アムパイポーン「キット・ホート」

曲名の「キット・ホート」はイサーン語で「キットゥン」(想い至る、恋しく思う)という意味。
シリポン・アムパイポーンの歌っている部分はすべて(?)イサーン語で歌っているので、歌詞の正確な意味が分からないのが残念なのですが、たぶん「急速に美しさと輝きを失っていく世界の中で、それでも僕はあなたを想う」的な内容じゃないかと、僕は勝手に睨んでます。(まったくのカンです)
「あなた=好きな人と世界」というダブルミーニングを込めて、かつ、イサーン語で歌うことで現在タイ国内を真っ二つにしている赤組(支持者にはイサーン人も多い)と、黄組の対立に対するメッセージも込めている、みたいな。
どうなんでしょう? タイ語に堪能な方、ぜひご教示ください。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気ブログランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン