そこらへんにある死

タイに住んでいて時々感じるのは、
日本にいるよりも「死」に遭遇する確率が高いだろうな、ということ。
昨日の朝も、「死」に遭遇しちゃいました。
朝、会社に行く途中に友達の住んでるアパートの前を通りがかると、
警察&見物人がうじゃうじゃっていて、
「なんかあったのかな?」って思っていると、案の定ありました。
人気blogランキングに参加中! このblogを見て「おもしろい!」と思ったら
↓の画像をクリックしてください。やる気が出ちゃいます。それはもう、もりもりと。
人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ


「タイの地元新聞を読む」から。
「マッサージパーラー嬢を使った美人局殺人」
 警察は昨日までに、無職住所不定のプラヂュアップキーリーカン県出身のポン・パ
ーンウムバートラ容疑者(35)とナコン・ラーチャシーマー県出でマッサージパーラー
従業員のウライ・パーンノーンペーン容疑者(21)を56歳の建設会社役員を金品を奪っ
た上で殺害した容疑で逮捕し、579,000バーツ、10バーツ重量の金のネックレス等総
額100万バーツ相当の金品を証拠品として押収した他、共犯の26歳の男性を指名手配
した事を明らかにした。
 事件は7月31日夜半にバンコク隣県のパトゥムターニー県クローンルワン郡内の草
むらでベンツが燃えているのが発見され、車内から旅行カバンに詰められていた建設
会社の財務担当役員の遺体が発見された事から発覚したもの。
 主犯のポン容疑者は警察に対して、兼ねてから被害者の事を金品を持ち歩く金持ち
であると知っており、過去に別のマッサージパーラー従業員の女性を使って被害者を
誘惑し50万バーツを騙し取った事があったが、盗み取ったお金だけでは家を建てるこ
とが出来なかったため、今度は別の恋人であるウライ容疑者を使って被害者を誘惑し
50万バーツを騙し取ろうとしたが、支払いを拒否されたため、現在指名手配中の男性
を含め3人で共謀して、7月31日にウライ容疑者の自室である都内ソーイ・ラングナム
内クルンテープ・アパートメント717号室に被害者をおびき寄せ、そこで水道修理工
を装って部屋に上がり込み被害者を縛り上げた上で金品を奪い、更に被害者のクレジッ
トカード複数枚を使用してセントラル・ワールド・プラザやマーブンクローン・セン
ター内で貴金属類を購入し、部屋に戻ったところで被害者の首を絞め殺害し、証拠隠
滅を図るために旅行カバンに遺体を詰め被害者が乗ってきたベンツもろとも焼却した
と証言しているという。
 警察によると、ポン容疑者には三人のマッサージパーラーで働く恋人がおり、これ
までにも、ぞれぞれの恋人を利用して金持ちの男性をおびき寄せお金を強請り取って
いたという。
マジ怖いよ~。
数カ月前も、会社の近くで麻薬がらみの殺人事件が起きて、
知らずに通りがかってシーツにくるまれた死体らしきものを見ちゃったし。
去年パタヤに行ったときも、妙に渋滞するなーと思ったら、
大型トラックに前後を挟まれて、原形をとどめないくらい
ぺしゃんこになった乗用車を目撃しちゃったし。
このときは、事前に先行車から連絡が入ったので、
必死に顔をそらして、ぺしゃんこになったカップルを目撃せずに済んだんだけど。
タイに来て「死」がより身近になったせいで、
自分の「生死観」も微妙に変わったような気がします。