熱き血潮よ燃え上がれ! Hydra「アイ・モット・デーン」

昨日の記事で書いたHydraのベストアルバムにハマッてます。これはすごい!
Hydraのメンバーは、現在もソロで活動を続けるパーン=ナカリン・キンサック
そして1984年にFeed Backというテクノ・ポップ・ロックバンドを立ち上げていたポーン=タナー・ラワスットの2人。
パーンが作詞、ポーンが作曲をそれぞれ担当していたようです。
彼らは1992年に10曲入りの1stアルバム「アッサジェーリー」をリリースしてこれが大ヒット。1992年のSeason Award(タイ音楽界におけるグラミー賞みたいなもの)の最優秀新人賞を獲得。その翌年に、1stアルバムに新曲2曲を追加した「Hydra Special!」をリリースするも解散してしまう……という、いわば幻のバンドです。
解散後、パーンはソロとなって、その泣いているような特徴的な声と、タイの昔ながらの音楽を取り入れつつ、でも洋楽のようなかっこよさを併せ持つ独特のスタイルによってタイ・オルタナティブ・ブームをがっちりと支えています。
一方、ポーンもGMM Grammy内のレーベル「Grammy Q.X.」を創設、その後RS Promotionに渡って現在は「Genome Records」を経営しているようで、どちらも今の音楽シーンを支えています。胸が熱くなりますね。
特に良かったのがこちら。ベストアルバムでは1曲目に収録されている曲で、いま30~40代の男性なら血が沸き立つのを抑えられなくなるはず。
■Hydra「アイ・モット・デーン」(仮面ライダー)

なんなんですか、この疾走感は!? ギターのソロ部分が最高にかっこいい! まさか、この時代にこんなことをやってた人がいたなんて! タイ音楽はまだまだ奥が深いですね。
そのほかの曲はこんな感じです。
■Hydra「ノー・ソー・フンヨン」(ミス・フンヨン)

■Hydra「ナーイ・メーン」(Mr.Man?)

■Hydra「クライ・タオ・ドゥーム」(昔のような遠さ)

人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気BLOGランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン