最近鬼のように流れている洋楽。そしてPotato@LiZM

家ではあまりTVを見ないのですが、このところChannel [V]を1時間ほど付けていると、ほぼ確実にこのMVが流れてきます。BGMが洋楽のレストランとかでも流れまくり。
MVがお気楽な感じでかなり気に入ってるんですが、日本でも流行ってるんでしょうか?
■Michael Bubl��� – “Haven’t Met You Yet”

というわけで、昨日はこの曲が流れる郊外の小さなレストランで会社の皆さんと軽く飲んで、なぜか半分くらいおごって解散。
その後は飲み足りない気分だったので、ぶらりとPotatoのライブがあるというLiZMへ。郊外から郊外へと移動したのでタクシーで片道180Bもかかったお……。
このLiZM、今まではNothing to Loseが演奏する火曜と水曜にしか来たことがなく、当然客も少なくて「へ~、こんなもんか」程度に思っていたのですが、この日来て印象がかなり変わりました。
郊外のクセして可愛い子が多いです。まぁエカマイには適わないだろうけど、けっこうみんなノリがいい。これは来てよかったかも。DJも個性的というか、なかなか面白い曲を掛けてくれるし。
でもって、12時20分頃にPotatoが登場。ボーカルPubの髪型が普通になって、ロックスターなオーラが減少してたwww
POTATO@LIZM
Potatoのライブは久々に見たんだけど、この日はなんか今までと構成がまったく違ってなかなか面白かった。最近はこういう構成に変わったのか、それともこの店だからこの構成にしたのかわかんないけど。
(たぶん後者のような気が)
今までは大体アップテンポの「ティー・ドゥーム」から入って一気に客を沸き立たせた後、そのノリを維持したまま一直線に駆け抜けるような、短距離走のようなライブで、時間も1時間ないような印象なんだけど、この日はどっちかというと中距離走って感じでした。
開始から中盤までミドル~スローテンポの曲ばかり。時々「ラック・テー~」とか「マイ・ハイ・トゥー・パイ」とかで合唱タイムにはなるけれど、ノリがよくて踊れるアップテンポの曲は全部後半に。ミドルテンポの曲はかなりライブ仕様になっていて、それぞれのソロが入ったりとなかなか「聴かせる」感じだったしこういうのは嫌いじゃないけれど、曲と曲の間も軽い休憩が入ったりパブ・ライブとしては煮え切らない感じ。
(↓こんな曲ばっかりかけてました)
■Potato「プルン・ニー(ジャ・パイ・ガップ・トゥー)」

でもって、散々お預けを食らわせた後、後半からアップテンポの曲オンリーに! ここでお客も一気に火がついたようで、踊りまくり。ノリのいい曲が集中した分、後半はいつも以上にラストに向けて一気に駆け抜けるような感じのライブになりました。いやぁ、わざわざ来てよかった。
ちなみに2人で行ったので、飲み代は1人1000B。さらに往復タクシー代で300B……財布が軽く死んだ夜でした。んがとっと。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気BLOGランキングへタイ・ブログランキング blogram投票ボタン