夜も週休2日制?

今週はヤバいくらいに遊びに行っています。
毎晩飲みすぎているのですでに記憶があいまいだけれど、
日曜 BOOZE(トンロー・ソイ10)
月曜 BOOZE
火曜 お休み。家でお仕事
水曜 お休み。日本映画『六月の蛇』鑑賞。
木曜 Route66 West(RCA)
金曜 ESCUDO(トンロー・ソイ13と15の間)
土曜 Ashley’s Rumour(予定。トンロー、リバティープラザ)
と、こんな感じで飲んでいるような気がします。ヘビーですね。
そして、酒も確実に強くなっている気がします。
昔に比べると二日酔いになる日が少なくなってるし。
これは、最近飲む酒をレベルアップさせて
ブラックとかシーバスを主に飲むようにしてるからかもしれません。
今週回って気がついたことをずらずらっと書きましょう。
人気blogランキングに参加中! このblogを見て「おもしろい!」と思ったら
↓の画像をクリックしてください。やる気が出ちゃいます。それはもう、もりもりと。
人気BLOGランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ


■BOOZE
日曜・月曜もしっかりとお客が入っています。
お客の数は当然週末よりも少ないけれど、
ステージ前の一番低くなっているフロア(アリーナ席と勝手に命名)にお客が集合するので、
それなりに密集感があって、客が少ない感じを受けません。
JOHNIE WALKERが6種類くらいある。いつか一番高いやつを飲みたいですね。
何かの記念に。
ラチャダー・ソイ4はじめこの手のナンレン系の多くは
DJ(HIP HOP)→バンド→DJ→バンド→DJ
というDJタイム3回、バンド2回というタイムテーブルになっていて
(それぞれどれくらいの長さかは、店によって、また日によって異なる)
たいてい2つバンドを用意しているのですが、
ここでは1バンドに両方担当させています。バンドは曜日によって変わるみたいです。
こうすることで、色々メリットがありそうです。例えば、
・バンドは同じ日に他店と掛け持ちしなくてすむ。移動の手間が省ける。
・バンドは、両方のバンドタイムを担当することで、通して曲順、盛り上げ方などの構成を考えられる。
・担当バンドのカラーが、その曜日の雰囲気に与える影響が大きくなる。
・バンドの「専属色」が強くなり、お店とバンドの新密度が高まる。
・自分のバンドが演奏する時間が倍になることで、メンバーの友人・知人を呼びやすくなる。バンドタイムは大体1回40分くらい。40分だけだと「俺たち演奏してるから見に来てよ」とは言いづらいはず。日曜日に行ったときも、明らかにそのバンドを知っているグループが来ていて応援してました。
ま、あくまで想像の範囲ですが。
それと、ここはスピーカーが天井から吊り下げられているのも特徴。
遮蔽物に当たることなく直接音が届くのでクリアに聞こえて、
まさに「音が空から降ってくる」感じが味わえます。(DJタイムね)
(天井以外にもスピーカーはあるかもしれませんが)
また、Teppeiいわく換気扇が多めについているとか。
そういわれてみると、空気がほかよりも澄んでいるような気がします。
■Route66(RCA)
ちょっと行かない間にRCAはまた変化していました。
かつてRoute66の別館のようなものがあった場所に新しいパブがオープン。
「DRIFTT」という名前のお店です。
外からチラッと見ただけですが、どうも店名からして「レース・サーキット」をモチーフにしたパブみたいです。
外から見えるソファーも、レーシングカーのシートっぽいし、
店の前にいるレセプションの店員もレースクイーン風の格好をしています。ミニスカです。
「PUMP-UP」に続く色物パブなんでしょうか?
さらにRoute66もいまHIP HOPの「West」、ハウスの「East」の二つのエリアに分かれているのですが、
トイレにペタペタと貼ってあるポスターを見ると、
なんか「North」「South」もできるっぽいです。
「North」「South」は、いま工事中の元景品&撮影ゾーンにできると思われます。
一体どうなるんでしょうね。楽しみ。
さてRoute66 Westは照明がなかなか面白くて、
RGBの三原色を強調しています。
R(レッド) 東側のミラーボールに赤い照明を当てて店内に散らす。
G(グリーン) 緑色のレーザー(2本)をビュンビュン飛ばす。西側に2個あるミラーボールに当てて緑の光を店内に散らす。
B(ブルー) 天井の入り口側と奥側にスポットライトなどを並べ、青い光で店内をクルクル照らす。
もちろん、使ってる照明はこれ以外にもたくさんあるし、
実際には紫とか黄色などほかの色も使っているのですが、
盛り上がってきたときにこの三原色を三ついっぺんに使ったり、
二つを組み合わせて使ったりしています。
これがもたらす効果はちっともわかりませんが、
たぶん光の三原色をアクセントに取り入れることで、
視覚的な刺激を狙ってるものと思われます。間違ってるかもしれませんが。
ネガティブなことといえば、
前のRoute66と同じように机くっつきすぎです。狭い。
また、11時30分から11時50分までMCの時間がありました。
このときは音楽が止まってしまい、踊りたい僕らにとっては興ざめです。
英語のMCだから、タイ人は半分も理解できてないだろうし。
たいしたこと喋ってないし。ほかのタイ人はどう思ってるんだろう?
ちなみに、前のRoute66でもこの時間帯は音楽を止めて映画の予告編を流したり、
プロモーション・イベントのゲームをやったりして、
最終的にはHappy Birthdayタイムにつなげてた(日もあった)ので、
その流れを踏襲してるのかもしれません。
■ESCUDO
最高。なにも言いません。
事情通によると、ESCUDOの系列店が、
年内にラマ3世通りの方にオープンする予定だそうです。
めっちゃくちゃハイソな店になるとかで、できたらぜひ行ってみたいですね。
SlimとかRoute66ができて、今年のはじめごろから
お客がそっちに流れちゃった感があったけれど、
いまやトンローは完全に復活したといえそうです。