微笑ましいダラダラ感。ゴップ=サオワニット「A Moment Like This」①

A Moment Like This
2月8日はタイカルチャーセンターで開かれた「ジュット・プラガーイ・コンサート#31」に行ってきました。
「ジュット・プラガーイ」は直訳すると「きらめく地点」。
「商業主義に走らず、上質の音楽をきちんとした設備で楽しもう」というコンセプトのコンサート・シリーズで、ここの小ホール(収容人数1500人くらい?)で数カ月に1度のペースで開催されています。チケットも500B(以前は300B)と、財布にやさしい価格設定になっています。
このシリーズでは、「非商業主義」=「金にはならないけど根強いファンがいるタイプの音楽」ってことで、ジャズを中心にスカ、ファンク、タイ伝統音楽、ルーク・クルンといったジャンルをやっています。
今回フィーチャーされたのはゴップ=サオワニットという女性歌手。彼女は15歳のころから今まで約20年間音楽活動してきている超ベテランです。15歳の時(1989年)に「Nissan Award」というコンテストで優勝。チュラロンコン大学芸術学部で西洋声楽を学んだ後に、ボストンのバークリー音楽大学に留学して、やはり声楽コースを修めているようです。
歌手としては筋金入りのエリート・コースを歩んできた感じですね。
とはいっても、そんなにめちゃくちゃヒット曲があるわけじゃありません。
ソロ・アルバムは(たしか)1999年リリースのデビュー・アルバムと、その後、2003年の2ndアルバム「From voice within」(写真)の2枚だけ。
ゴップ=サオワニット「From voice within」
さらに彼女名義のアルバムでは、同じチュー・レンの男性歌手・ゴップ=ソンシットとデュエットした「Mars & Venus」(2005年)があります。
それ以外では「Gift」「Silk」といったコンピレーション・アルバムに参加しています。
(いま気づいたんですが、どっちもジャケット写真では真ん中です。やっぱりベテラン扱いなんですかね)
ただしヒット曲は数えるほどもなくて、周りのタイ人に尋ねてみたら「ゴップという歌手がいるのは知っているけれど、彼女のヒット曲は1、2曲しか思いつかない」といった反応でした。地味だけれどいい仕事している実力派の歌手、というような人なんでしょうか。
ちなみに普段はアソーク・タワー10階の「Private Studio」で歌を教えてるようです。
ともあれ、今回の「ジュット・プラガーイ・コンサート」は、そんな地味な彼女の初めてのソロ・コンサートになるそう。
僕は彼女の2ndアルバムがめちゃくちゃ好きで何度も聴いていたので、こらあ行かんと、と思って例によって1人で見に行ったのでした。
なんだか前置きが長くなったので、コンサートそのもののレポートは次回にします。
ちなみに、彼女のいちばんのヒット曲はこれ。
ハー・カン・ジョン・ジャー(やっと見つかった:Mars & Venus)

クーン・ジャン(月夜:LOSOのカヴァー@GIFT)

คืนจันทร์ – กบ เสาวนิตย์
たぶん「タイ人みんなが聴いたことがある」クラスのヒット曲はこれくらいしかないかも。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気BLOGランキングへタイ・ブログランキング