ついに入手! アニメ版『hesheit』

fd08ef53.jpgというわけで、昨日は雑誌『HAMBERGER』のイベントに行ってきたのです。
『HAMBERGER』とは若者向けのカルチャー雑誌で、この変な誌名は
「体には全然良くないんだけど、たまにむっちゃ食べたくなる」ような雑誌にしよう!
ということで付けられたタイトルらしいです。
ウィットにあふれた誌名ですね。
そんなわけで、ウィットといえばウィスットです。
いささか強引な話のもって行き方ですが、僕はタイのマンガ家
ウィスット・ポンニミットが大好きです。
特に、『HAMBERGER』の兄弟誌『a day』に連載している作品『hesheit』が。
この作品、中学生の落書きのようなタッチの絵なので、見た瞬間に「下手っ」と思うんですが、
じっくり眺めるとじわじわと味が出てきて、
最終的にはココロをがっちりとつかんでくる、そんな作風です。
ストーリーもかなり変だけど、すごく切なくって、
泣きそうになることもしばしば。そんなわけで、僕は彼の作品をアツく支持しています。
マンガそのものも、後日レビューしたいですが、
彼について詳しく知りたい方は、まずは公式HPを。
日曜日は、そのイベントで『hesheit』のアニメ版VCDを入手しました!


こういうカルチャー系のイベントに行くと、
インディーズのCDや雑誌をはじめ、普通に街を歩いていたら手に入らないグッズがいっぱい売られています。
その最たるものが、毎年11月に開かれるイベントFAT Festivalなんですが、
その会場で流れているのを発見していらい、
「いつか必ず買ってやるぞ!」と思っていたのが、このVCDです。
『HAMBERGER』の会場ではフツーに売られていましたが、
発見した僕は狂喜乱舞。さっそくコレクターとして
観賞用と保存用の2枚購入。帰ってさっそく観ました。
すげぇいいです。このVCD。泣けます。感動します。
アニメで感動するなんて、超ひさびさです。
どんなアニメなんだ、オラァ! という方、
NHKのdigとかいうところで、彼の作品が観れます。
VCD収録の内容とはちょっと違いますが、エッセンスはわかりますので、
ぜひご覧下さいまし。