プアチウィット系で過ごすローイクラトン。

11月12日はローイクラトン(灯篭流し)でしたね。
今年はいろいろ紆余曲折あって、なぜかチョークチャイ4にある「ワット・ラップラオ」に行ってきました。
会社からタクシーに乗ること1時間。たいした渋滞もしてないのにこの所要時間って、クソ遠いですよ。
そんなこんなでたどり着いた超ローカル寺「ワット・ラップラオ」ですが、本堂はこんな感じ。
ワット・ラップラオ
なんか2階部分が展望台のようになっていたり、堂内の回廊を歩いて回れるようになっていたりと、レジャー要素の強いお寺でした。境内もけっこう広くて買い物屋台に食事屋台もたくさん。お寺の境内で食事って、なんだかチェンマイの歩行者天国を思い出しました。そういえば、もう半年近く行ってないね、チェンマイ。
ここ数年、ローイクラトンというと、「ささっと灯篭を流して、速攻で飲みに行く」というパターンが続いているんだけれど、今年も例外なく飲みにゴー。
といっても、どこ行くにも大渋滞にハマる危険がある上、一緒にいた友達がラップラオ在住なので、いつものエカマイ、RCAなどは避けて近場で飲もうか~、なんつって話していたら、なぜか連れて行かれたのがここ。
チャーイカーパックガーイ
ラップラオのローカル系デパート「インペリアル」脇にある「チャーイカー・パックガーイ」とかいうお店。ここはプアチウィット系の生演奏と遅い時間帯のディスコ・タイムがウリらしい。
プアチウィットっていちばんなじみのないジャンルなんだけど……と思ってビールを飲んでると、意外に知ってる曲が多くてビックリ。たぶん街中とかタクシーの中でよく聴いてるんだろうね。
一方、田舎出身の友達連中はかなりお気に入りの店らしく、なんだかすんごくノリノリだった。
でもって11時を越える頃にはプアチウィットの時間も終了。田舎風チャカポコ・サウンドにアレンジされたHIP HOPやタイポップスもかかり初め、さらには次に出てきたバンドがなかなか上手く、後半かなり盛り上げてくれた(前半はプアチウィット)ので、いつも以上に楽しく踊れたかも。
そのバンドがやってくれたワザあり! な曲が以下の2曲。
■プリック・タイ「ラック・サーム・サオ」(三角関係)

パブではほとんど聴かないけど、ここ数カ月、街中やラジオでめちゃくちゃ頻繁に流れている曲。MVもすごく作りこんであります。
■パーン=ナカリン・キンサック「フアラーン・ジャイノーイ」(短気なハゲ)

Get this widget | Track details | eSnips Social DNA

タイ・オルタナティブロック界の巨匠・パーンの1stアルバム「カイ・パーン」(1994年)に収録されている、彼のヒット曲。
この1stアルバムは僕が最初にタイに来たときに仲良くなったタイ人が「イチ押し!」ってことで紹介してくれた1本(当時はテープ)で、日本にいる時はテープが擦り切れるんじゃないかってくらいヘビロテで聴いていました。もちろん、今でもめちゃくちゃ好きです。
そんなこんなでこの日は午前3時帰宅。泥のように眠りました。
人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ人気BLOGランキングへタイ・ブログランキング